トイレタンクが水漏れしたときの応急処置と修理の方法

トイレタンクから水漏れして困っていませんか。お困りの方のために、今すぐできる修理・応急処置の方法を解説いたします。以下の情報を参考にすれば、タンクの水漏れにどう対処すればよいかがわかるはずです。困った水漏れをどうにかしたいと感じている方は確認しておきましょう。

トイレタンクの水漏れに対する応急処置や修理対応

トイレタンクの水漏れでお困りの方は、以下の情報を参考にしてください。

トイレタンクから水漏れする主な原因

トイレタンクの水漏れはさまざまな原因で発生します。中でも多いのが、浮き球とフロートバルブの故障です。

浮き球とは

浮き球はタンク内に浮いているボール状の部品です。タンク内の水位をコントロールする役割を果たしています。具体的には、水位とともに浮き球が下がると給水は始まり、水位とともに浮き球が上がると給水は止まります。タンク内から水漏れ音が続く場合は、浮き球が故障しているかもしれません。

フロートバルブとは

フロートバルブは、レバーと連動することでタンクから便器への水の流れを制御している設備(タンクの最下層に設置されている栓)です。レバーの動きに合わせてフロートバルブが開くことで便器へ水が流れます。タンクから便器へ水漏れしている場合は、フロートバルブが故障しているかもしれません。

最初にやるべきこと

最初に、できる範囲でよいので水漏れの原因を確認します。浮き球を持ち上げると給水が止まる場合は、浮き球の不具合が強く疑われます。フロートバルブが取り付け部から外れている場合は、フロートバルブの不具合が強く疑われます。いずれの作業も、止水栓を閉めてから行うと水に濡れにくくなります。それぞれの修理・応急処置は以下の方法で行います。

浮き球の修理・応急処置

浮き球の修理・応急処置は以下の方法で行います。

1. トイレタンクのふたを外す。
2. 浮き球を持ち上げて水面に浮かせる。
3. タンク内の水位が標準水位であることを確かめる。
4. 水位が標準水位からずれている場合は、ボールタップ(浮き球の元部分)にある水位調整リングを回して、標準水位と水位を合わせる。
5. 止水栓を開いて動作を確認する。
6. タンクのふたを閉じる。

フロートバルブの修理・応急処置

1. トイレタンクのふたを外す
2. フロートバルブが取り付け部から外れていないか確認する。
3. 外れている場合は元の位置に取り付ける。
4. 止水栓を開いて動作を確認する。
5. タンクのふたを閉じる。

修理・応急処置に必要な道具

以上の修理・応急処置程度であれば、特別な道具を必要としません。ゴム手袋、止水栓の開閉に使用するマイナスドライバー、ふたの取り外しに使用するレンチがあれば作業を行えます。

修理・買い替えを検討したいケース

浮き球が割れている場合や浮き球を取り付けているボールタップが故障している場合は、浮き球あるいはボールタップの取り換えが必要です。自分で行うこともできますが、作業内容がやや複雑になるうえ交換する浮き球やボールタップが必要になるので業者に依頼するほうがよいでしょう。フロートバルブが摩耗で閉まらなくなっている場合なども同様です。この場合も交換が必要になるので、業者に依頼するほうが確実です。

トイレタンクの水漏れ修理は原因に合わせて行いましょう

トイレタンクの水漏れはさまざまな原因で発生します。浮き球の不具合、フロートバルブの外れ程度であれば、自分で修理できる可能性があります。浮き球やボールタップ、フロートバルブの交換が必要な場合は、新しい部品の取り寄せが必要になるので業者に頼んだほうがよいでしょう。無理をすると、トラブルを拡大させてしまう恐れがあります。作業内容に不安を感じる方も、業者に相談してみてはいかがでしょうか。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right