トイレの便器から水漏れする原因と修理方法を解説

トイレ便器の水漏れで困っていませんか。いつまでも水が流れていると、心配になりますよね。このページでは、トイレ便器の水漏れが生じる原因と修理方法を紹介しています。以下の情報を参考にすれば、トイレ便器の水漏れにどう対処すればよいかがわかるはずです。お困りの方は参考にしてください。

トイレ便器に水が漏れて止まらない原因

トイレ便器の水漏れはいくつかの原因で生じます。中でも多いのが、フロートバルブの故障です。フロートバルブは、開閉により便器への水の流れをコントロールしている部品です。レバーハンドルと鎖でつながっており、レバーを回すとフロートバルブが開くため、トイレ便器へ水が流れます。何かしらの理由でフロートバルブをうまく閉じられなくなると、水を止められなくなります。つまり、トイレ便器への水漏れが生じてしまうのです。フロートバルブが原因で発生したトイレ便器の水漏れは、どのように修理すればよいのでしょうか。

修理方法

フロートバルブが外れている場合、フロートバルブの位置を調整することでトイレ便器の水漏れを直せる可能性があります。具体的な修理方法は以下の通りです。

フロートバルブの修理方法

1. 止水栓を閉めて水を止める。
2. トイレタンクのふたを開ける。
3. フロートバルブを確認する。
4. フロートバルブが外れていれば、正しい位置にセットする。
5. 止水栓を開けてトイレタンクに水をためる。
6. トイレタンクのふたを閉じる。

フロートバルブが外れていない場合は、フロートバルブの交換が必要かもしれません。原因を見極めてうえで正しく対処する必要があります。

自分で対処できない場合は業者に相談

トイレ便器への水漏れの原因には、いくつかの種類があります。自分で修理できない場合は、業者への相談をおすすめします。業者に相談すれば、トイレ便器の水漏れの原因を調べたうえで、根本的な解決を図ってくれます。狭いトイレで濡れながら作業する必要もありません。自分で修理できない方やトイレ便器の水漏れの原因がわからない方は、実績豊富な業者へ相談するとよいでしょう。

トイレ便器から水漏れする場合はフロートバルブをチェック

トイレ便器の水漏れは、フロートバルブの故障で起こることがあります。単に、フロートバルブが外れている場合、自分で修理できるのでチェックするとよいでしょう。ただし、トイレ便器の水漏れの原因は、フロートバルブの外れだけではありません。フロートバルブの交換が必要な場合やその他の修理が必要な場合もあります。自分で対処できないと感じる方は、業者へ相談するとよいでしょう。実績豊富な業者であれば、原因を見極めて修理してくれます。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right