トイレタンクの水漏れの原因と修理方法

トイレタンクからいつまでも水が垂れている音がしている場合、タンク内で水漏れしている可能性があります。トイレタンクの水漏れはどのような原因で生じるのでしょうか。お困りの方のために、トイレタンクの水漏れの原因を解説します。さらに、自分で行える修理方法も紹介します。トラブルが発生している方は参考にしてください。

トイレタンクの水が漏れて止まらない原因とは

トイレタンクの水漏れはいくつかの原因で生じます。代表的な原因として挙げられるのが、ボールタップとフロートバルブの故障です。

ボールタップの故障

ボールタップは、タンク内にある水位を調整する設備です。タンク内の水位が下がってボールも下がると給水が始まります。タンク内の水位が上がってボールも上がると給水は止まります。水位は正常なのに水が止まらない場合は、ボールタップの故障が疑われます。

フロートバルブの故障

フロートバルブは、レバーと連動して水の流れをコントロールしている設備です。フロートバルブがうまく閉じないと、便器へ流れる水を止められなくなります。水位が低く水が止まらない場合は、フロートバルブの故障が疑われます。

修理方法

ボールタップとフロートバルブの修理方法は次の通りです。

ボールタップの修理方法

1. 止水栓を閉める。
2. タンクのふたを取り外す。
3. タンク内の水を抜く。
4. ボールタップを取り外す。
5. 新しいボールタップを取り付ける。
6. 止水栓を開いて動作を確認する。

ボールタップは、タンク外側の袋ナットとつば付きナットを緩めることで取り外せます。取付けは、これらを締めることで行います。

フロートバルブの修理方法

1. 止水栓を閉める。
2. タンクのふたを取り外す。
3. フロートバルブが外れていないかチェックする。
4. 外れている場合は、元の位置に取り付ける。
5. 止水栓を開いて動作を確認する。

フロートバルブは、タンク内の突起部から外れることでうまく閉まらなくなっているケースがあります。トイレタンクの水漏れでお困りの方は、フロートバルブの外れをチェックするとよいでしょう。外れておらず摩耗などが確認できる場合は、フロートバルブの交換が必要です。

自分で対処できない場合は業者へ相談

以上の修理方法は一例です。実際の修理は、トイレタンク水漏れの原因などに合わせて行う必要があります。自分で対処できない方は、実績豊富な業者へ相談するとよいでしょう。

トイレタンクの水漏れは原因に合わせた修理が必要

トイレタンクから水漏れする原因はさまざまです。代表的な原因としてボールタップ、フロートバルブの故障が挙げられますが、ボールタップ、フロートバルブの故障にもいくつかの種類があります。トイレタンクの水漏れは原因を見極めたうえで対処しなければなりません。水漏れの原因がわからない方や自分で修理できないと感じる方は、業者へ相談するとよいでしょう。実績豊富な業者へ相談すれば、適切な修理方法を提案してくれます。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right