トイレの便器から水漏れした場合の修理方法

トイレの便器から水漏れして困っていませんか。衛生面を考えると、できるだけ早く直したいですよね。お困りの方のために、水漏れの原因と修理方法を解説いたします。以下の情報を参考にすれば、便器の水漏れにどう対処すればよいかがわかるはずです。どうにかしたいと考えている方は参考にしてください。

トイレの床と便器の隙間から水漏れする原因と修理方法

トイレの便器から水漏れする原因と修理方法は以下の通りです。

トイレの便器から水漏れする原因

トイレの便器から水漏れする原因はさまざまです。具体的には、以下の原因などが考えられます。

排水管の劣化

最初の原因として挙げられるのが、便器と排水管の接続部分の劣化や破損です。これらにより隙間が生じると、水漏れすることがあります。

設置不良

水漏れの原因として、便器の設置不良も考えられます。便器と排水管の結合部分がずれていると、水漏れが生じてしまいます。リフォーム後などに多いトラブルです。

便器のひび割れ

便器のひび割れも便器からの水漏れの原因になります。ただし、便器は非常に頑丈なので、簡単に割れることはありません。ほかに原因が見当たらないときに疑うとよいでしょう。

結露

便器の結露で床が濡れてしまうこともあります。床が濡れる症状は同じですが、水漏れというわけではありません。結露は便器の中にある水の温度と室温の差で生じます。冬に多いトラブルといえるでしょう。防露層を設けたトイレに交換することで防ぎやすくなります。

便器の水漏れの修理方法

いずれの原因も本格的な修理には便器を取り外す必要があります。難易度が高いうえ失敗するとトラブルを大きくしてしまう恐れがあるので、自分で対処することはおすすめできません。止水栓や水道の元栓を止めて、業者に相談しましょう。参考に、便器のひび割れを補修する方法を紹介します。

1. 止水栓を閉める。
2. 給油ポンプなどで便器の水を汲みだす。
3. 防水パテなどでひび割れ部分を補修する。

ひび割れがわずかな場合、以上の方法でも一時的に対処できます。こまめな交換は必要になりますが、布テープを代用することも可能です。

業者に修理を依頼する場合の費用

便器からの水漏れを業者に依頼して修理する場合、以下の費用などがかかります。

・便器の脱着作業:20,000~25,000円
・パッキンの交換:5,000~10,000円程度
・洋式便器交換:50,000円~
・処分費:要見積もり

具体的な費用はケースで大きく異なります。まずは、業者に見積もりを依頼するとよいでしょう。

トイレの便器から水漏れしている場合は修理を依頼

トイレの便器から水漏れする理由として、排水管の劣化、設置不良、便器のひび割れなどが考えられます。便器の取り外しが必要になるので、個人で修理することは難しいかもしれません。便器の水漏れでお困りの方は、止水栓を閉めたうえで業者に相談しましょう。原因に合わせた適切な対処法を提案してくれるはずです。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right