蛇口交換の費用相場と水栓の種類ごとの作業費用

水道蛇口の交換には、少なからず費用がかかります。しかし、交換にかかる金額は水栓の種類によって異なることから、適正な料金を把握することは簡単ではありません。そこで今回の記事では、水栓の種類ごとの交換費用相場について解説していきます。水栓を新しくしようと検討されている方は、まず相場を確認してから業者選びを行ってください。

主な水道蛇口の交換費用相場

それでは、水栓の種類ごとに蛇口の交換費用の相場についてご紹介します。ご紹介する費用に部品代や出張料金などを加算した金額が、実際にかかる料金です。

単水栓

単水栓とは、吐水口が1つのみの水栓のことです。水もしくはお湯のどちらかが出るタイプで、最近は少なくなってきましたが、学校や公共施設のトイレなどでよく利用されています。交換費用の相場は10,000~15,000円です。

混合水栓

混合水栓とは、1つの吐水口から水とお湯の両方を出せるタイプの水栓です。上下左右へのレバー操作により、水量や水温を変えることができる水栓で、昨今の主流となっています。交換費用の相場は10,000~15,000円です。

水栓設置方法の違いについて

交換費用に大きく影響しないものの、水栓の種類として知っておきたい2つのポイントを解説します。

「壁付き」と「台付き」の違い

壁に設置されている水栓を「壁付き」、台に設置されている水栓を「台付き」と呼びます。いずれのタイプでも工事料金に大きな違いは現れませんが、作業をする際には、壁付きでは元栓を閉め、台付きでは止水栓を閉めて作業を行うという点が違いです。

「ワンホール」と「ツーホール」の違い

水栓を取り付けるための穴が1つの水栓を「ワンホール」、2つのタイプを「ツーホール」と呼びます。ワンホールでは穴のサイズのみで水栓を選べますが、ツーホールでは穴と穴の距離も合わせる必要があります。

シャワーホース

ホースでシャワーヘッドが伸びるタイプの水栓オプションです。洗面台に設置されることが多く、髪を洗ったり、周辺を清掃したりするために便利。交換費用の目安は6,000〜15,000円です。

シャワーヘッド

霧状に水を出せるようになる水栓オプション。蛇口にシャワーヘッドのみがついており、ホース式ではないところがシャワーホースとの違いです。交換費用の目安はシャワーホースとほぼ変わらず、6,000〜15,000円となります。

分岐水栓

既存の水栓に設置し、水が出る部分をもう1つ増やすための部品です。食洗機を使用している場合に必要となることが多いですが、既存の水栓自体に分岐孔がついていれば必要ありません。交換費用の目安は10,000~14,000円です。

蛇口の交換は費用相場を把握してから

蛇口の交換費用は水栓の種類により異なるため、適正価格の業者を選ぶためにも、費用相場を把握しておくことが大切です。しかし、水栓の種類を問わず、交換や取り付けの作業費用は、概ね15,000円までと考えれば問題ないでしょう。現在、水漏れや水栓の劣化などの問題を抱えているなら、新しい水栓に交換して水回りをより便利にされてはいかがでしょうか。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right