トイレのつまりを予防する方法

ある日、突然、起こってしまうトイレのつまり。大変な目に遭った方は多いはずです。トイレのつまりは、毎日の習慣が原因になりうることをご存じですか。このページでは、トイレのつまりを予防する方法を解説しています。以下の情報を参考にすることで、トイレをつまりにくくすることができるはずです。心配な方は参考にしてください。

トイレがつまることを予防する方法

トイレのつまりを予防したい方は、以下の点に気を付けましょう。

使用前に説明書を読む

最初に心がけたいのが、使用前に説明書を読むことです。説明書には、便器に流せないものやトラブル時の対処法などが記載されています。説明書を読まなくてもトイレは使えますが、説明書を読んでいないと誤った使い方をしてしまうかもしれません。誤った使い方をしていると、トイレはつまりやすくなります。つまりを予防するため、欠かせない取り組みです。

トイレットペーパー以外のものを流さない

次に心掛けたいのが、トイレットペーパー以外のものを流さないことです。特に、ティッシュペーパーには注意しましょう。とても良く似ていますが、トイレットペーパーは水に溶け、ティッシュペーパーは水に溶けません。トイレットペーパーの代わりにティッシュペーパーを使うと、トイレはつまりやすくなります。また、流せるタイプのトイレクリーナーの使用にも注意が必要です。トイレットペーパーに比べると厚手なので、水の流れが弱いトイレなどではつまりやすくなります。トイレットペーパー以外のものは、流さない方がよいでしょう。

大量のトイレットペーパーを流さない

一度に大量のトイレットペーパーを流さないこともつまりの予防策になります。一度に流せる限界は、ゴルフボール7個分程度といわれています。これより多いトイレットペーパーを一度に流してしまうと、つまる恐れがあります。拭き足りないと感じる場合は、2回にわけて流すとよいでしょう。万が一、つまってしまった場合は、そのままの状態で放っておくと溶けて流れることがあります(水に溶けるトイレットペーパーの場合)。

トイレで子どもを遊ばせない

以上のほかでは、トイレで子どもを遊ばせないことも重要です。子どもを遊ばせないようにしたい理由は、誤っておもちゃなどを流すとつまりの原因になるからです。また、小さな子どもがトイレで遊んでいると、予想外の事故に発展することもあります。子どもに「トイレで遊んではいけない」「おもちゃなどを持って入ってはいけない」と教えておくと、安全にトイレを使用できます。

日々の注意がトイレのつまり予防に有効

トイレのつまりは、家庭内で頻繁に起きるトラブルです。予防したい方は、毎日の使い方に注意しましょう。特に重要なのが、トイレットペーパー以外のものを流さないことです。ティッシュや子どものおもちゃなどを流すと、トイレはつまりやすくなります。トイレがつまると、修理やお掃除に手間がかかります。毎日の使い方を見直して、つまりを予防しましょう。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right