給湯器工事に掛かる時間は? 時間目安や時間が掛かるケースを紹介

給湯器は定期的な交換が必要ですが、頻繁に依頼をするものでもないため、どれくらい時間が掛かるのか分からない方も多いのではないでしょうか。

給湯器がない状態だとお風呂など日常生活に支障をきたすため、事前に給湯器工事掛かる時間の目安を理解しておくことが大切です。

この記事では、給湯器工事に掛かる時間について解説します。

給湯器工事を予定している方は、ぜひとも事前に確認してみてください。

給湯器工事に掛かる時間の目安

ここでは、給湯器工事に掛かる時間の大まかな目安について紹介します。

給湯専用タイプ・ふろ給湯タイプの場合

給湯専用タイプやふろ給湯タイプの給湯器を同じものに交換する工事であれば、2~3時間程度でスピーディーな給湯器工事が期待できます。

これらのタイプは配管が少なく、専門家にとっては比較的作業内容がシンプルだからです。

省エネタイプの場合

省エネタイプの給湯器工事に掛かる時間は、おおむね4~5時間程度だと言えます。

これは、給湯器専用タイプなどと違って排水処理のための配管などを設置する工事が必要になるためです。

給湯暖房熱源機の場合

給湯暖房熱源機の場合は、4~6時間程度、つまり半日程度は予定をしておいた方が良いでしょう。

給湯暖房熱源機は追い炊き配管や暖房配管の取り付け、暖房信号線の接続など様々な作業が追加で必要となるためです。

また、本体自体が重いことも、作業時間を要する原因の1つであると言えます。

依頼時には事前に作業時間目安を確認して、余裕を見ておいた方が良いでしょう。

通常よりも時間が掛かるケース

ここでは、給湯器交換工事に通常よりも時間が掛かってしまうケースを2つ紹介します。

給湯専用タイプからふろ給湯タイプ等に交換するケース

給湯専用タイプからふろ給湯タイプなどへ交換する場合は、新たな機能に対する配管の施工が追加で必要となるため、その分時間も掛かります。

ケースによっては穴を開ける作業も必要となり、さらに時間が掛かるでしょう。

電気からガスなど別タイプの給湯器に変えるケース

給湯器のタイプをガスから電気など別のものに交換する際にも、プラスで時間が掛かります。

このケースでは配管工事が前提となるため、施工期間は、日数を分けて数日掛かることも珍しくありません。

事前に掛かる時間の目安を確認するようにすることで、お風呂に入れないことを未然に防ぐことができます。

給湯器工事に掛かる時間をある程度把握しておこう

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、給湯器工事に掛かる時間がご理解いただけたと思います。

給湯器工事に掛かる時間は短くて数時間程度ですが、ものによっては半日以上掛かることもあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

また、こちらの記事では給湯器工事の費用を紹介した記事になります。
参考にしてみてください。
給湯器工事の費用はどれくらい? 基本的な目安や注意点などを解説

水漏れやつまり修理の業者をお探し方はこちらをどうぞ!

水漏れ・つまり業者をランキング別に紹介しています。水回りのトラブルにお悩みの方はこちらをチェック!

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right