水漏れ場所を確認したい!4つの場所で漏水をチェックするための方法

「どこかで水漏れしているかもしれません」と水道局の人から言われた…という方は少なくありませんが、どこで漏水しているかわからなければ対処も難しいものです。しかし、漏水の場所を突き止めるための方法はあります。トイレ・浴室・キッチン・洗面所など、部屋別に漏水トラブルの発生場所を確認するための方法をご紹介します。

水漏れ場所が不明の場合の確認方法

水漏れの場所を突き止めるためには、トイレ・お風呂・キッチン・洗面所などにおいて、ご紹介するポイントをチェックしてください。

トイレ

トイレで確認するべきは、タンクか便器への水の流れです。わずかずつ流れていると気づきにくいものですが、タンクの中から常に水の音が聞こえている、便器の中へと水が流れ込んでいるなどの症状があれば、タンク内が原因である可能性があります。

お風呂

お風呂の漏水チェックは、シャワーヘッド・蛇口・給湯器からの水漏れです。シャワーヘッドのスイッチを切り替え忘れていないか、蛇口から常に水が滴っていないか、給湯器本体から水が漏れていないか確認しましょう。

キッチン

キッチンでチェックするべきは水栓からの漏水です。蛇口を締めても水がポタポタと落ちる、蛇口の根元から水漏れしているという例が非常に多くなっています。水栓周りを拭いてもいつの間にか濡れているなら、蛇口から少しずつ水が漏れているのでしょう。

洗面所

洗面所からの水漏れは、洗面ボールの下、蛇口の両方をチェックしてください。洗面ボール下にあるキャビネット内が濡れている場合は、給水管が原因である可能性があります。キッチンと同様、水栓の周りがいつの間にか濡れているなら、蛇口からの漏水だと考えられます。

水漏れした際のおすすめ修理業者

水漏れの場所が確認できたら、おすすめの修理業者である「富士水道センター」に相談してみましょう。そして、漏水の場所が確認できなかった場合も、同じように相談をすれば、水が漏れている場所を突き止めてもらうことができます。水漏れは至るところで発生する可能性があるため、発生場所の特定、修理ともに修理業者に相談をして適切に対処するべきです。

水漏れ場所の正確に確認するなら修理業者に相談を

今回ご紹介した方法で水漏れ場所の確認は可能ですが、より正確に把握したいなら、やはりプロである修理業者に相談をするべきでしょう。漏水が起きている箇所が正確にわかったとしても、いずれにしろ修理をしなければなりません。水漏れを放っておくと症状悪化の可能性が高まるばかりでなく、水道メーターが常に回り続け、高額な水道料金を請求される可能性も。症状が深刻化する前に、修理業者に相談して適切に対処してください。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right