お風呂のつまりを改善する基本の解消法と誰でもできる清掃方法

お風呂の掃除を忘れると、つまりが発生してお湯の流れが悪くなってしまうもの。症状を改善させるには、徹底的な排水口の掃除が必要ですが、掃除の手順はそれほど難しくありません。そこで今回は、誰でもできるお風呂のつまり解消法として、正しい掃除のやり方を解説します。お湯の流れが悪いと感じたら、ぜひ実践してみてください。

お風呂の水が詰まった時の解消法

お風呂のつまりに対しては、排水口の清掃が解消法となります。清掃のやり方について、順を追って確認していきましょう。

1.排水口のフタを取り外す
2.ヘアキャッチャーを取り外す
3.ヘアキャッチャーの汚れをスポンジで磨く
4.排水筒と排水ピースを取り外す
5.排水筒と排水ピースに付着した汚れと髪の毛をビニール袋に捨てる
6.排水筒と排水ピースをスポンジで磨く
7.排水ピース・排水筒・ヘアキャッチャーを戻す

排水口の清掃は、スポンジと手袋さえあればできる解消法です。もし汚れが頑固であれば、パイプクリーナーなどの洗剤を使って清掃しましょう。以上の作業を丁寧に行えば、ほとんどのお風呂のつまりは解消されるはずです。

お風呂の詰まりの原因として考えられる要素

お風呂のつまりの原因となるものは次のとおりです。

・異物
・髪の毛
・洗浄剤のカス
・皮脂・垢
・雑菌

つまりの原因となるものは非常に多種多様で、ボトルのキャップやカミソリの刃などの異物から、髪の毛、小さな石けんのカス、体を洗ったときに流れ出る皮脂や垢などがつまって、少しずつお湯が流れにくくなっていきます。また、排水管の中にいる雑菌が、汚れを餌にして繁殖することもつまりの原因のひとつ。雑菌の繁殖を防ぐためには、定期的な清掃が欠かせません。

お風呂のつまり解消で依頼したい修理業者

ご紹介した解消法で改善できないつまりが発生した場合、関東にお住まいの方には「富士水道センター」への連絡をおすすめします。「富士水道センター」であれば、連絡から訪問・無料見積もり・工事までのすべての工程を1回で完了させることも可能。さらに最短20分で駆けつけてくれることから、連絡から1~2時間後には、つまりが完全に解消されることもあるでしょう。関東にお住まいなら、迅速に作業が完了する「富士水道センター」がおすすめです。

お風呂のつまりに困ったら解消法を実践!

お湯が流れにくいなど、お風呂のつまりに困ったら、今回ご紹介した解消法を実践してみてください。排水口のすべての汚れをきれいに洗い流せば、お湯の流れの悪さは途端に改善されるはずです。ただし、排水管に汚れが蓄積されている場合は、個人での解消が難しい場合もあります。もしご自身での解消が難しいと感じられたら、水回りトラブルに対応する業者に連絡してください。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right