トイレのつまりを自分で直せるケースと正しい業者の選び方

トイレの詰まりが発生した場合、まずはラバーカップなどを利用して自分で直せるかトライしてみる人が多いとは思います。それでも解消しない場合は、業者を呼んで対処する必要があります。 

 

自分で直せるのか、あるいは業者を呼ぶべきかはどのように判断すれば良いのでしょうか。また、依頼する際には、どんな業者を選ぶべきなのでしょうか。ぼったくりなどのトラブル被害にあわないために、知っておきたい業者選びのポイントについてまとめてみました。 

トイレつまりの主な原

トイレつまりの原因としては、トイレットペーパーを多く流し過ぎてしまったり、間違った節水のために適切な水量で流さないことが続いたりといったものが挙げられます。 

 

意外と多いのが、トイレットペーパーを大量に流してしまったケースです。トイレットペーパーは水に溶けやすいとはいえ、あまり大量に流してしまうと排水管の許容量を超えてしまいます。 

 

トイレットペーパーだけでなく、水溶性の猫砂や赤ちゃん用のおしり拭きなどを一度に大量に流してしまい、本来なら溶けるはずのものが固形のまま流れてしまう状態が流し過ぎです。この状態でのつまりであれば、自分で解決できる可能性も高いです。 

 

間違った節水とは、大便をしても小の水量で流したり、節水のためにタンクに水が満タンにならないようにペットボトルなどを入れてしまったりしている状態です。どちらも水は節約できますが、便などを流すため流水量が十分ではなくなります。 

 

本来、トイレのタンクは便を流すために必要十分な水量を貯めるよう計算して作られています。そのため、流水量を抑えたり、タンク内の水量を減らしたりしてしまうとメーカーが想定していた動きをせず、つまりに発展してしまうのです。 

 

流水量が不適切なために発生したつまりでは、排水管内で長期にわたって蓄積されたつまりである可能性があり、個人での対応は難しいケースも多くなります。もし自宅で誤った節水を行っているのなら、いますぐやめましょう。 

 

ほかにも、子どもがおもちゃなどを便器に流してしまったり、ポケットに入れていたスマホなどの小物を便器に流してしまったりといった、不意の事故が原因になるケースも少なくありません。ご自宅に小さいお子さんが居たり、常にポケットに何かを入れたりしている人は、トイレの仕様に注意しておきましょう。 

 

業者を呼ぶかどうかの判断

トイレのつまりは、業者を呼ぶべき場合と自分で対処できる場合があります。トイレットペーパーの流し過ぎなど、一時的で軽度なつまりなのか、長期にわたり排水管で詰まりが蓄積しているかで、個人で対処できるか否かが変わってきます。 

 

自分で直せる範囲であれば、慌てずに適切な対処をすることで、問題なく解消できます。自分ではできないと感じたら、軽度なつまりでも無理せずプロに依頼するようにしましょう。 

 

自分で直せるケー

トイレのつまりを自分で直せるケースとは、ある程度つまりが軽度で、ラバーカップや多めのぬるま湯で流すなどのちょっとした工夫で解消できる状態です。つまりの原因になるものが見えている場合も、自身で取り出し、解消することができます。 

 

軽度なトイレつまりの多くは、トイレットペーパーなどの水に流せるものを許容量以上に一度に流してしまった場合に発生します。トイレに流せるものを詰まらせてしまった場合には、時間をおいて複数回流し、少しずつ水に溶かすことで解消することができます。 

 

つまりを直す方法はさまざまに紹介されています。しかし、熱湯や塩を使用するなど、便器を傷つけかねない方法もあるので、間違った方法を選択しないように注意が必要です。普段からつまりを想定して、ラバーカップなどの道具を常備しておくと良いでしょう。 

 

業者を呼ぶべきケー

業者を呼ぶべきなのは、本来は水に流せないものを誤って流してしまい、手が届かない位置に詰まってしまったり、排水管内のトラブルが原因でつまってしまったりした場合です。 

 

こうしたケースでは、つまり解消のために専用の器具が必要となり、個人の力では復旧することができません。無理をせずにプロに依頼しましょう。 

 

無理につまりを解消しようとしても、便器を傷つけたり、まわりを汚してしまったりと、あまり良いことはありません、時間を無駄に浪費してしまうことにもなります。 

 

また、集中豪雨や巨大地震などの天災に起因するトイレつまりは、排水管に何かしらのトラブルが発生している可能性があります。こうした原因のつまりも、個人では対処せず、プロに依頼するよう心がけましょう。 

 

業者を選ぶ際に抑えておきたいポイン

トイレのつまりを解消してくれる業者は数多く存在しますが、一体何を基準として選ぶべきなのでしょうか。悪徳業者による不確かな施工やぼったくりなどの失敗を避けるため、依頼する際に抑えておきたいポイントについて、それぞれ詳しく解説します。 

 

すぐに駆けつけてくれ

トイレつまりの対応では、何といっても瞬発力が大切です。深夜に突然トイレが逆流してしまったというケースでも、直ぐに手配して駆けつけてくれるような業者を選びましょう。 

 

つまりや逆流があっては、解消されるまでの間はトイレが使えない状態に耐えなくてはなりません。直ぐに対処してもらえるように、どのくらいで到着できるのかを確認をしたり、自宅になるべく近い営業所から連絡したりするようにしましょう。 

 

即日対応できる業者を選択しないと、いつまでもトイレが使用できません。依頼後、いち早く来て素早く対応してくれるかどうかは、非常に重要なポイントとなります。 

住んでいる地域に対応してい

トイレ関連の修理をする業者は、多くの場合対応できるエリアが決まっています。エリア外でも対応してくれることはありますが、エリア内の施工と比較して、料金が高額になる場合もあります。 

 

居住エリアに対応していない業者では、依頼から到着までの時間も長くなりがちです。トイレのつまりは、可能な限り早く対応してほしいトラブルです。自分が住んでいる場所が業者の対応エリアに入っているかどうかは大変重要ですので、迅速に対応して貰うためにも依頼前に必ずチェックしておきましょう。 

作業前に見積もりを取ってくれ

連絡を取った段階で、しっかりと見積もりを取ってくれるかも重要です。悪徳な業者の場合、直ぐに対応しないといけない、交換が必要などと急かしつつ、高額な金額を提示してくることもあります。早く直して欲しいと焦る気持ちはわかりますが、急かされるままに慌ててそのまま依頼しないことが大切です。 

 

多くの業者は、作業前の問い合わせの段階で見積もりを取ってくれます。複数の業者からしっかり見積もりを取って、冷静に判断するようにしましょう。適切な内容と金額で見積もりをしてくれる業者に依頼するという点を心掛けておけば、慌てて悪徳な業者に依頼してしまうこともありません。 

 

残念ながら、水道業者のなかには悪徳な業者も存在しており、法外な値段を提示したり、不要な工事を勧めてきたりと、あらゆる手段で高額な請求をしてきます。しかし、これらは事前の見積もりである程度ガードすることが可能ですので、かならず見積もりを取るようにしましょう。 

居住エリアに対応している

居住地域に対応してくれるかどうかと少し重複しますが、住んでいるエリアの水道局指定工事店かどうかもチェックしておきましょう。基本的に、水道局指定工事店であれば、国家資格を持った技術者が在籍しています。 

 

国家資格を持った技術者であれば、適切な工事を実施してくれます。指定工事店の情報は、水道局のサイトなどからも確認できます。水道局に直接問い合わせてみてもいいでしょう。いざというときに備えて、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。 

しっかりとした作業実績があ

大切なトイレを任せるわけですから、やはり信頼できる実績を持っているかどうかは重要です。実際に利用した人のレビューやネットの情報なども頼りに、しっかり実績があるかどうかを確認しましょう。口コミをチェックする際は、良い内容だけでなく悪い内容もくまなくチェックして、その情報に信ぴょう性があるかを判断するようにします。 

 

そのほかに、業者の創業からの年数もひとつの目安となるでしょう。良い施工実績があれば信頼され、顧客がついて多くの依頼を受けて、会社として長く続くことになります。つまり、創業からある程度の年数が経過している会社は、信頼できる可能性が高いと言えるのです。判断の際のひとつの基準としておくといいでしょう。 

 

また、作業員の清潔感も気になります。ホームページなどを持っている業者なら、これもチェックしておいて損はありません。実際に対応してくれるときの態度や清潔感なども確認してみると、実績の豊富な業者は作業員一人ひとりが礼儀正しく丁寧です。 

アフターフォローが充実してい

トイレつまりの修理が完了しても、それで終わりではありません。万が一、施工した部分から再びトラブルになるようなことがあれば、アフターフォローが必要です。 

 

基本的には完璧に修理できることが前提ですが、業者側の落ち度で再発してしまった場合も無償で対応してくれる、アフターフォロー体制を持つ業者を選びましょう。 

 

万一のケースに備えて明確な保証システムがある業者の方が、信頼度も高いと言えます。トイレつまりの修理を依頼をする前に、施工に対して保証をしてくれるかどうかもしっかりチェックしておきましょう。 

 

実績のあるなしに関わらず、万が一の事態に対応してくれるという後ろ盾は安心感にも繋がります。施工後も安心して快適にトイレを使用し続けるためにも、実際に依頼をする前には、工事に対して保証があるかどうか、しっかりと確認しておきましょう。 

こんな悪徳業者には要注意

トイレつまりの修理を実際に依頼する際には、いわゆる悪徳業者を選択しないことが大切です。 

 

そうした業者の特徴として、依頼の際にすぐに対応しないとトイレが壊れてしまうなどと焦らせ、決断を迫ってきます。気持ちが焦ってしまっていて正常に判断ができない時には、圧力に押されて悪徳業者を選んでしまいがちです。 

 

そうした誤った選択をしないためにも、落ち着いて対応することが大切です。水回りのトラブルについて、普段からある程度知識を持っておくことで、落ち着いて対応することができます。トイレがつまってしまったら、何がつまり、どのような状況なのかを、自分が詳しく把握できるように準備しておくことが重要です。 

 

さらに、悪徳業者には事前に見積もりを取らない、業者の住所自体が明確になっていないという特徴もあります。勝手に作業を開始され、工事が完了してから料金を提示されて、相場よりも何倍も高額な金額を請求してくるということもあるようです。 

 

現住所については、ホームページなどを確認して会社の所在地が明確になっているかをチェックしましょう。その他にも、連絡のつきやすい電話番号やメールアドレスが明示してあるかも重要です。高額請求については、事前に見積もりが取れるかどうかを確認することで回避できます。 

 

事前に手口を把握しておくと、強引なリフォームを勧められたり、工事費用とは別に高額な出張料などを請求されたりといったトラブルを防げます。 

 

万が一、悪徳業者に依頼してしまい、法外な金額を請求されてしまった場合には、消費者生活センターなどに相談しましょう。悪徳業者に依頼しないようにすることも大切ですが、万一の事態も想定して対処法まで用意しておくと安心です。 

 

ポイントを抑えて正しく業者を選びましょう

自分では解消できないトイレつまりが発生してしまった場合、プロによる適切な処置が必要となります。大切なのは落ち着いて対応すること。しっかりと複数の業者に連絡し、事前の見積もりを取るようにしましょう。つまりが発生する前から、信頼できる依頼先を見つけておくと安心です。 

 

当サイトでは首都圏のおすすめ水道修理業者をランキング形式で紹介しております。 

首都圏にお住まいの方は、業者の相見積もりを取る際に是非ご活用ください。 

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right