トイレつまりの原因と実際に起きてしまった際の直し方を解説!

トイレのつまりはラバーカップを活用した解消方法が一般的です。しかし、最初は上手くつまりが解消されていたのに、使っている内に再発する頻度が多くなってしまっている場合は要注意です。 

 

間違った利用方法による故障、トイレから配管にかけてのどこかしらのつまりなどが考えられます。今回はつまっている可能性がある症状や解消方法、予防方法、業者手配の有無についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。 

 

トイレつまりの際に見られる症状

トイレがつまったときやつまりそうなとき、それらが原因で起こる症状やサインを見逃さないようにしておくことが大切です。トイレに違和感を覚えたら、何かしらのトラブルが発生している可能性があります。そのサインを見逃さないように、チェックしておくことが大切です。 

 

放置してしまうと、さらに状況が悪化してしまうことがあるため、以下のような症状が出たら早めに対処しましょう。 

 

水が流れず便器に水が溜まってしまう

一番見てわかりやすい状態です。確実につまっているので、間違っても追加で流すようなことはしないようにしましょう。ここでは焦らずに、つまりを解消できるグッズを用意しましょう。 

 

便器の許容量を超える量のトイレットペーパーを流すと発生しやすい現象で、そんな場合はある程度放置するか、ラバーカップなどの自宅にある道具で解消しましょう。 

 

一見すると大惨事にも見えますが、あせらずに適切に対処すれば問題無く復旧する可能性は非常に高い状態とも言えます。 

 

便器の水位が極端に少ない

便器の水位が極端に少ない状態も、つまっている可能性があります。この状態の時は便器から異臭が立ち込めてくることもあるので、そういった場合は中で異物が腐っている可能性もあり、すぐに対策を取るようにしましょう。 

 

水位が低い状態とトイレのつまりとは直接結びつきにくいですが、いつもと様子が違う、と思ったら、一度ラバーカップの抜き差しを試してみてもいいかもしれません。 

 

異音が聞こえる 

水を流すだけでは鳴らないはずの音が聞こえた場合、もしかしたら何かが便器や配管にぶつかっているのかもしれません。財布、スマホ、カードケース、パスケース、ポケットに入れていた硬いものなどは、ひっかかって異音が発生します。 

 

この場合、落としたものが想像以上に奥に入ってしまうと、自力で取り出すことが不可能になってしまいます。自分が使用した直後から異音が聞こえるのであれば、ポケットなどを確認して何か落としてしまったものがないかを調べるようにしましょう。 

 

トイレに物を落としてしまうと、小さなものだと諦めて流してしまう方も居ます。しかし、どんなに小さなものでも、後々に大きなトラブルの引き金になりかねないということは注意しておかなければなりません。落としたものを諦めずに、キチンと拾いましょう。 

 


 

トイレから発生する異音の原因や、原因への対処法については以下の記事に詳細を記載しておりますので、是非あわせてご覧ください。


トイレつまりが発生する原因

トイレのつまりが発生する原因は一つとは限りません。トイレットペーパー、おしりふき、スマホ、ボールペン、カイロ、湿布、ゴミ、これら以外にも落ちてトイレを詰まらせるものは多々あります。落とすものだけでもこれだけの可能性があるのです。 

 

その上、普段からの使用方法が間違っている、節約をしている、なども原因となりかねません。節水のためにと便をしたのに小の水量で流すということを続けてしまうと、便が流れきらずに配管の奥に便が溜まってしまうのです。こうしたものが溜まって水の通り道を塞いでしまうため、流れなくなってしまうのです。 

 

適切な水量でトイレを流さなかった

この適切な水量で流さなかったというのは、水を流すレバーの操作のことを指しています。大便をしたのに小の水量で流してしまうという行動です。メーカーが適切に設計したものを、誤った使い方で利用している状態になってしまっています。 

 

大便をしたのに、小のレバーで流してしまうことにより、流す勢いが不十分で、配管の奥まで流れきらずに停滞してしまうことがあるのです。 

 

こうしたつまりは、何度も間違った使い方を繰り返すことで溜まってしまいます。普段通りつかっているのに急に発生するため、焦ってしまいがちです。節約のため、といっても減らせるところとそうでないところがあります。 

 

故障しかねない方法で節約をするにはリスクが大きすぎます。修理費用でかえってお金もかかりますので、普通に利用する、というのが一番の節約です。 

 

トイレタンクに物を入れて水位をあげてしまう

こちらの場合は、便器後ろの貯水タンクなどにペットボトルなどの重石を入れることで、使う水を節約する方法です。レバー操作同様、水不足でトラブルの引き金をつくってしまいかねません。この節約方法は、場合によってはレバー操作の誤りと比べ物にならないくらい住宅にダメージを与えます。 

 

トイレは便器内のものを水が流れる勢いや圧力を利用して配管に流し、最終的に外に出しています。水の勢いが不十分であると適切に流れることがなく、配管に溜まってしまうということになります。この現象は正しいレバー操作をしていない時と同様です。 

 

とくにこうした重石をつかったような節約は、前項目の誤ったレバー操作をしてしまう以上に危険です。タンクに溜まる水が極端に少なくなってしまい、小を流す量にすら届いていない状態になりかねません。 

 

間違った節約方法は、今すぐやめましょう。 

 

トイレットペーパーなどを大量に流した

いくら水に流せると表記されているものでも、一度に便器の許容量を超える量を流してしまえばつまりの原因になります。溶けきらなかったペーパー類は塊となり、水さえも遮ってしまうので、当然といえば当然です。 

 

清掃中に流せるシートを何枚も利用し、掃除の終わりと同時に一度に全部流してしまえば、せっかく掃除したのに雑菌まみれの汚水を床にまき散らして、また掃除が必要になります。 

 

おしりふき、猫砂、掃除用シートなどの流せるものならどれでも起こりうる症状です。いくら流れるとはいっても、規定量を大幅に超過するような状態では、溶けるものも溶けませんので、流す量に注意しましょう。 

 

水に流せないものを流した 

赤ちゃんのオムツや生理用ナプキンの他、ポケットのものがこぼれ落ちてしまってつまってしまうということもあります。寒い季節には貼るタイプのカイロなどをつけている場合には特に注意が必要です。 

 

長時間ホッカイロを使っていることによって、粘着力が弱ってしまいトイレに落ちてしまったり、ポケットに入れて持ち歩くタイプを使っている時に誤って落としてしまったりと事故が発生しやすいアイテムでもあります。 

 

子供が周辺で遊んでいる時はおもちゃを誤って流してしまったという場合もありますので、なくしてしまったものがないかしっかり聞くようにしましょう。 

 

残飯を流した

食べ物をわざわざトイレに流すのも、詰まらせる原因を作ります。食べ残しなどをそのまま流してしまうと、固形物を流しているのとほとんど変わらないため、詰まらせてしまいます。嘔吐物とは状態が違いますので、食べ物は正しい方法で破棄しましょう。 

 

トイレつまりへの対処法

大事に使って気を付けていても、つまるときはつまります。決して少ない事例ではありません。その時に直面したら焦ってしまうのは禁物です。軽度のものであれば、自宅にある道具などで簡単に除去が可能です。あらかじめチェックしておきましょう。 

 

お湯を大量に使う

お湯を流す前に注意しておきたいのが、そのお湯の温度です。お湯を使ったつまりの除去をするのであれば、お湯はお風呂の温度よりちょっと暑い程度の45度前後にしておきましょう。熱湯などを流してしまうと便器自体を傷つけてしまう可能性があるため、あまり熱いお湯を使わないように注意が必要です。 

 

お湯を流す方法が効果的なつまりとは? 

  • トイレットペーパーが大量につまった
  • 水に流れるタイプのおしりふきや猫砂がつまった

 

水に流せるタイプのものというのは、お湯でほぐれやすくなる性質をもっていますので、お湯を注いで待つ、という方法が使えます。すでに水が大量に溜まっていて余裕がないのなら、バケツなどを使ってお湯が入るように水をくみ出しておきます。 

 

30分から1時間程度放置したら、便器に少量の水を注ぎ流れるかどうかを確認します。問題が無ければ配管や便器の中身は綺麗に流れていますので、安心して使うことが可能です。 

 

前述していますが、お湯の温度は45度前後です。くれぐれも熱湯を注がないように注意してください。便器が割れてしまいます。 

 

ラバーカップを使用する

つまりを除去する道具として最もポピュラーな道具が、このラバーカップです。サイズがしっかりと合っているものを使います。便器の流れる部分にカップ部分をはめ込み真空状態を作ります。あとは押す、引っ張る、押す、引っ張るを繰り返します。 

 

簡単な作業ですが、この作業を繰り返すことにより、つまりが除去され、元の状態に戻ります。 

 

真空パイプクリーナーを活用する

真空パイプクリーナーは、先に紹介したラバーカップがさらに高性能になった道具です。柄の部分にポンプがついており、カップ部分を便器にはめ込んだらポンプを利用してつまっているものを除去します。 

 

固形物が落ちてしまった場合にも有効な方法なので、ラバーカップ以外にもこの真空パイプクリーナーもあらかじめ用意しておくと便利です。ホームセンターで購入可能です。 

 

ビニール袋を手袋代わりにしよう

自宅に何の道具もない場合はビニール袋を使うという方法もあります。これはビニール袋手袋代わりにはめ、自身の手はラバーカップ代わりに除去作業を実施します。 

 

スーパーなどで購入したレジ袋などを両手にはめ、ゴムでしっかりと止めて手から抜けないようにしたら、拳を握ってつまっている便器にその手を差し込みます。この時に水が服につかないように溜まった水は汲み出しておきましょう。 

 

ラバーカップのようにつまっている箇所から抜き差しをすることで引っかかっているものを除去できます。抵抗はあるかもしれませんが、道具がないのなら仕方ありません。しかしそういうときはできれば無理せずに業者に相談するようにしましょう。 

 

衛生面からもあまりお勧めではありません。 

 

ペットボトルをラバーカップ替わりに使用

自宅にペットボトルがあれば、これも活用が可能です。ペットボトルの底を切り取り切り取った部分にゴム手袋をはめます。蓋が付いているとやりやすいですが、ない場合は指で飲み口部分を押さえておきます。 

 

ゴム手袋をはめた底の部分をつまっている便器にはめ込み、上下に動かすことでラバーカップのような役割を果たします。うまく解消されれば、水が流れる状態になります。 

 

トイレつまりの放置によって発生しうるリスク

これくらい大丈夫、その油断が水の逆流で大惨事を引き起こし、最終的に業者が特殊な機械を搬入して修理する事態に繋がってしまうのです。 

 

自分で直せる内に直してしまえば修理費用は一切掛かりません。しかし放置してしまうことにより、つまりはさらに奥に入ってしまい簡単には取れなくなってしまいます。そうなれば、便器を取り外すなどの作業が必要になってきます。 

 

放置してしまうとどのようなリスクがあるのかをしっかりと把握して、便器がつまってしまったら迅速に対応できるようにしておきましょう。 

 

逆流してトイレが水浸しになる

便器の比較的浅い位置で発生していると、タンクの水がそのまま逆流し、溢れてしまったら大惨事です。あのとき掃除しておけば、と悔やんでも悔やみきれない状態になってしまいます。こうなったら諦めて清掃が必要です。 

 

水が溢れてしまうということは、トイレ内に雑菌を撒き散らしていることと変わりません。使用の度に雑菌まみれの空間に入るようになってしまいますので、避けるべき状態です。もちろん健康被害にも繋がりますので早めに対処しましょう。 

 

自力で直せないレベルになってしまい、高額な修理料金がかかる

放置することにより軽度な状態が専門的な機材の利用を余儀なくされるような重度の状態に発展し、自分で直すことが不可能になってしまいます。こうなると便器を取り外す以外にも特殊な器具の搬入が必要になったり、便器や配管の分解が必要になったりと非常に手間がかかります。 

 

業者を呼んでの修理中は当然トイレが使えませんので、非常に不便な状態になってしまいます。短時間で終わればいいですが、状況によってはそうはいきません。不便な生活になる前に、早めに相談することが重要です。 

 

つまった個所や便器の状態によっては特殊な機器を搬入し、吸引、分解などを行いますので、追加料金が発生します。比較的料金の安い業者でも7万円前後はかかります。放置をするということは、このリスクを背負うことになります。 

 

集合住宅なら下の階の人へ水漏れの被害が起きる可能性もある 

住んでいるのが集合住宅だったり分譲マンションだったりする場合は、下の階に注意が必要となります。集合住宅であれば配管を共有していますので、自宅でのつまりの放置が、下の階の人に水漏れ被害を与えてしまうという事態になりかねません。 

 

マンションなどの場合は共有している部分も多く、目に見えない配管なども大切に扱う必要があるため、自宅でトイレのつまりを発見したらなるべく早めに対処が必要です。 

 

配管も共有部分ということを忘れてはいけません。水漏れ被害などで下の階に損害が発生してしまうと、住民同士でトラブルにも発展しかねませんので注意が必要です。周りに迷惑をかけないためにも見つけたらすぐに対処しましょう。 

 

トイレつまりを放置していても治る可能性のあるケース 

そんなトイレのつまりでも、トイレットペーパーや水に流せるものを限界以上に流した場合、時間の経過により除去される場合もあります。 

 

流れるものは長時間水につけておくことで勝手にほぐれ、次第に流れていくという現象が起こりやすいです。何か落としたわけでもなく、シンプルな流しすぎなら、そこで放置してみても良いでしょう。 

 

放置をする大体の目安の時間は2時間から3時間程度です。ある程度時間が経過しても流れないのであれば、放置するだけではなくラバーカップなどを使って除去するようにしましょう。 

 

放置をしても直る可能性があるだけなので、確実につまった状態を直せるものではありません。ある程度の時間待ってみて、それでも解消されないのであれば、道具を使うなどで原因の除去を試みてください。 

 

トイレつまりの修理を業者に依頼するかどうかの判断ポイント

自分で解消できなければ業者、自分でできそうなら自分で、といいたいところです。実際に判断基準は存在するのでしょうか。 

 

業者に依頼をしないと解消できないものも当然ありますので、修理を依頼するかどうかの判断ポイントについてご紹介していきます。 

 

つまりの原因がわからない

トイレットペーパーや水に流れやすいものを大量に流したわけでもなく、物を落とした覚えもない、このように原因がわからない場合、プロの点検が必要です。 

 

自分自身であらゆる手段を使ってみたものの、一向に直る気配がない場合も、つまっている場所や原因は特定できていない状態と言えます。何を試してもダメなら、自分で判断するのは難しい状態です。 

 

トラブルの原因が配管部分にあったり、トイレ自体に問題があることが原因だったりすると個人で復旧することはまず不可能です。原因の特定ができない、復旧できないという状況なら、業者に依頼しましょう。 

 水が全く流れない、少しも減らない 

つまりを解消する方法をいろいろと試してみても、水が溢れそうな状態から変わらないのなら、無理に流せばトイレが洪水になってしまいます。こうなれば自分で対応するのは難しいので、そういったときも業者への依頼が必要となります。 

 

その原因が明確であっても、うまく除去ができない状態に陥ってしまう事があります。流せるものは放置すれば確かにほぐれやすい性質はもっているものの、状態や状況によってはあまり期待できません。 

 

こうしたときは「理由は明確だから」と放置せず、直ぐに業者の人に相談をしましょう。流してしまったものによっては、吸引だけでは取れませんので、配管、便器、便座、と分解が必要になる可能性が高まります。この作業は個人では不可能です。 

 

トイレつまりの予防方法

トイレが詰まってしまったときのために、あらかじめ対処方法を把握しておいたり、清掃道具や便利グッズを用意しておいたりするのも確かに効果的です。しかし、一番大切なのは、普段からつまる原因になるような行動は控えることです。 

 

清掃などで大量に発生したトイレットペーパーや掃除用シートなどを全部まとめて流さないようにこころがけたり、必要以上の節水をトイレにさせないようにしたり、住宅を利用する上での正しい知識が重要です。 

 

やってはいけないことなどを把握して、正しく使うように心がけましょう。 

 

トイレットペーパーや流せるものを大量に流さない

水に流せるからといって、あまりにも多い量を一度に流してしまうと、上手く水に溶けてくれません。水に流れるタイプだからと総入れ替えのために猫のトイレ1個ぶんの猫砂をまるまる流せば、当然詰まります。  

 

赤ちゃんのおしりふきと一緒に、トイレを掃除したシート、トイレットペーパーを一度に全部流せば、これも詰まります。 

 

水に流せるといっても限度を超えた量を流してしまえば、いくらなんでも配管が限界を迎えてしまいます。詰まりで済めばいいですが、あまりにもひどい状態だと故障します。気を付けましょう。 

 

適切な使い方で利用し、間違った節水をしない

大便を小のレバーで流してしまったり、便器後方のタンクに重石を入れて水かさを増したり、こういった使い方は住宅にまでトラブルを引き起こします。確かにその場で使う水自体は節約することは可能ですが、トイレにはよくない使い方です。 

 

その結果、十分な水で流されなかった中身は、排管の中に残ってしまい、それが蓄積されることによって最終的に流れなくなります。この場合、異臭の原因にもなり、不快な状態になってしまいます。タンク内の水位は把握できませんので、下手に触るとトラブルが発生しやすくリスクまみれの状態になってしまうのです。 

 

水の勢いや圧力を衰えさせないためにも、メーカーが定めた水の量で流す必要があります。言ってしまえば、タンクに重石を入れる方法はメーカーがやってほしくない使い方です。動作に問題があっても、正しく利用しなかったことが原因となります。 

 

メーカーがお願いしている使い方以外の方法で利用し、ほかにも故障や水漏れが発生してしまえば、修理費用はさらに追加されていきます。かえってお金がかかる方法になりかねませんので、やめましょう。 

 

異物を落としてそのまま流さない 

普段からつまらせないためにも、水に溶けないものや本来流してはいけないものを流すという行為はしないに限ります。ポケットの中の物を落としてしまったのであれば、早めに回収するようにしておきましょう。 

 

生理用ナプキンや水に溶けないタイプのおしりふきおむつなどを流してしまうと、自分が思っている以上にあっさりとつまります。とくにおむつ類は水分を吸って膨れ上がってしまいますので、簡単に水路が絶たれます。 

 

トイレットペーパーや流せるもの以外は流さない、というのが重要です。 

 

こまめに清掃する 

こまめに専用洗剤で清掃したり、配管部分の清掃のために薬品をいれて清掃したりするのも効果的です。 

 

尿石は取れなくなってしまうと業者に対応してもらう必要が出てきてしまいます。普段からこまめに清掃しておくと回避できますので、こまめな清掃も非常に重要な予防方法のひとつです。 

 

判断が難しい場合はすぐに迷わず業者へ相談

トイレのつまりを発見したら、チェックした対処法を参考にぜひ除去をしてみてください。少しでも難しそうなのであれば、無理をして修理をせずに、業者に相談のために連絡をするというのも大切な判断です。 

何度除去しようとしても解消されないのに無理をしてしまうと、悪化してしまうこともあります。 

 

もしも自宅のトイレのことで業者を依頼したいのであれば、業者選びも重要です。

当サイトでは、首都圏のおすすめ水道修理業者ランキングをランキング形式で紹介しております。

業者選びや相見積もりの取得の際に是非ご活用ください。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right