トイレの水が止まらない場合に試したい対処法

トイレの水が止まらないと「このまま水が流れ続けたら大変」「すぐに修理してもらわなければ」と焦って対応してしまいますが、その際に間違った対処法をとると状況が悪化してしまう可能性があります。

そこで、まず試してみたいことや、故障の状況に合わせた適切な対処法についてご紹介しましょう。修理業者が来るまでの間にできることをしておきたい、簡単な対処法で直るのなら自分でやってみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

トイレの水が止まらない時の対処法

トイレの水が止まらない時の対処法として、試してみたいものは以下の3つです。

応急処置として止水栓を閉める

まずは落ち着いて原因を探るためにも、止水栓と呼ばれる部分を閉め、流れる水を止めます。ハンドル式は回すだけですが、ドライバー式の場合は、手で回すタイプのマイナスドライバーで止水栓を閉めましょう。

きつくて回らないような場合は、無理をすると破損に繋がる可能性があるので、その場合は元栓を閉めるようにしてください。

フロートバルブを交換する

タンク内を確認した際、水の標準値を指すメモリより水が少ない場合、フロートバルブという黒いゴム栓に問題がある可能性が高いです。

タンク内で縦に伸びている管(サイフォン管)からフロートバルブを外して新品に取り替え、逆手順で戻してから水がたまるか確認しましょう。その際、フロートバルブに繋がっているチェーンをちょうど良い長さに調整する必要があります。

パッキンを交換する

タンク内の水量が標準値より多かった場合、ボールタップのパッキントラブルの可能性が高いです。まず、給水管接続部分にあるナットを外します。続いてボールタップも外し、タンクの外側と内側についている古いパッキンを外して新品に交換しましょう。

逆手順でボールタップを設置して戻します。パッキンの交換のみで直らない場合は、ボールタップ本体の交換が必要になるケースも多いです。

トイレの水が止まらない原因

トイレの水が止まらない原因には様々な理由があります。
対処法だけでなく、その原因も把握していることは重要です。
なぜ、トイレの水が止まらなくなるのか気になる方は、こちらの記事を参照ください。

→トイレの水が止まらない原因として確認すべきポイント

トイレの水が止まらない時の修理方法と手順 

ここでは、水をどうしても止められない場合の修理方法について解説します。ただし、もし少しでも難しいと感じたら早期に業者へ相談することをおすすめします。破損状況が悪化してしまったら、より多くの費用が必要になってしまうこともあるためです。 

水は抜いておく 

どの手段においてもまずいえることは、レバーを引いて水を抜いておくということです。水が入っていると作業がしにくいため、忘れずに実施してください。どの作業においても基本的には水を抜くことからスタートしますので、癖にしておくくらいでちょうど良いかもしれません。 

水位を調整する 

以下の流れで、実施します。 

1.止水栓を閉める
2.タンクのフタを取る
3.水を流して標準水位より低くする
4.タンク内の水をコントロールし、標準の水位になるようにする
5.止水栓を開く 

止水栓を閉める際にはマイナスドライバーを使用し、どのくらい回したのか回数などを覚えておくようにしましょう。水位の調節方法は、トイレのパターンによって異なります。メーカーのサイトなどでチェックできますので、一度見てみましょう。 

ボールタップの交換

基本的には、以下の流れで実施します。

1.止水栓を閉める
2.水を流す
3.フタを外す
4.給水管を外す
5.ボールタップをタンク内側に引きぬく
6.新しい製品を取り付け、給水管を取り付ける
7.止水栓を開ける
8.実際に水を流して問題がないか確認する 

ボールタップはインターネットやホームセンターなどで購入可能です。2種類あって異なる種類だと使えませんので、現物を確認しながら間違えないようにして購入しましょう。 

鎖の調整

基本的には、以下の流れで実施します。 

1.絡まっていたり周辺の器具等についてしまっていたりしないか確認する
2.レバーハンドルを動かして鎖とゴムフロートの連動に問題がないか確認する
3.止水栓を閉める
4.水を流す
5.フタを開ける
6.レバーハンドルのシフト部分で鎖の長さをコントロールする
7.水を流して動きを確認する 

交換の基本的な流れ 

1.止水栓を閉める
2.水を流す
3.フタを開ける
4.レバーのフックから鎖を外す
5.ゴムフロートからも外す
6.新しい製品を取り付ける
7.レバーハンドルを使って長さを調節する
8.水を流して最終チェックをする 

ゴムフロートのチェックと交換 

まず、以下の項目をチェックしましょう。

・鎖が外れていないか
・ゴミが入り込んでいないか
・位置がおかしくなっていないか
・他の器具等と触れていないか
・経年劣化はしていないか 

交換は、基本的には以下の流れで実施します。 

1.止水栓を閉める
2.水を流す
3.フタを開ける
4.レバーのフックから鎖を外す
5.ゴムフロートを外す
6.古い製品と鎖を取る
7.新しい製品を取り付ける
8.長さを調節し、水を流して最終チェックをする 

 オーバーフロー管の交換

タンクを外す必要があり、基本的には一般の方ではできないと考えておくべきです。もし破損させてしまうと、より大掛かりな工事となって費用も掛かってしまいます。ここは無理をせず、業者に連絡して相談してみましょう。 

また、ここまで紹介した以外の作業も、基本的に業者に任せましょう。水回りの機器は壊すと大変な事態になることも多いため、無理をしないことが大切です。 

トイレの水が止まらないときはできることを試してみよう

トイレの水が止まらない時の対処法についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
用意しなければならない道具や交換用の部品もあるので、自分では無理そうだと感じた場合はプロに修理を依頼しましょう。

世田谷区や足立区で水漏れの修理を依頼したい方はこちらをどうぞ!
水漏れ修理業者を世田谷区や足立区でお探しの方はこちら

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right