トイレの水が止まらない原因として確認すべきポイント

トイレの水が止まらない状況になると「修理を依頼する前に原因をある程度考えておきたい」「応急対策しようにも原因がわからない」と、慌ててしまうことがあります。原因がわかれば応急処置の対策もしやすくなりますし、自分で対応できるかどうか、ある程度判断可能です。

そこで、トイレの水が止まらない代表的な原因についてご紹介します。考えられる原因を把握しておきたいといった方は参考にしてみてください。

トイレの水が流れる仕組み 

まず、タンクの中には常に水が決まった量だけ溜まっています。具体的には、ウォーターラインと呼ばれる目印から数cm位下までが目安です。 

次に、レバーハンドル(水を流す際に「大」「小」に回す部品です)を回すことで、レバーハンドルとつながったバルブが上がります。すると水が開いた穴から便器に流れていくのです。水が流れ切ってしまうと、バルブは自分の重さで自然に閉じます。
そして水が少なくなるとボールタップの浮き球が下がり、そこにあるバルブから給水が始まります。水位が上がると浮き球が上がり、バルブが閉まることで給水がストップします。 

上記の流れが通常の流れです。一度水を流した直後にレバーハンドルをひねると水が出ないのは、まだ水が溜まっていないためだと言えます。水が入っていないため、水を出した後のレバーハンドルを回すと、軽く感じるはずです。 

上記のように水が流れてまた満たされるまでには様々な器具が関わっているため、水が流れっぱなしになる理由も複数ありえると言えるでしょう。 

トイレの水が止まらない原因とは

トイレの水が止まらない場合に考えられる主な原因をご紹介します。

ボールタップの故障

タンク内にある水の量を調整する働きを果たしているのがボールタップです。そのため、故障していると、水が止まらない現象を引き起こすことがあります。

浮き玉の故障

タンク内にある浮き玉は、適切に上下することによって水量調整のための重要な役割を果たしています。浮き玉を持ち上げてみたところ、きちんと水が止まる場合、浮き玉が本来の動きをしていない可能性が高いので、故障を疑いましょう。

水が止まる位置まで、正常に浮き玉が上がることができていないことが原因と考えられます。

フロートバルブの故障

タンクの中にあるフロートバルブという黒いゴム栓が裂けたり壊れたりしていないか確認してください。便器内に水が流れ続ける大きな原因です。また、レバー故障時も、フロートバルブがきちんと栓をできなくなってしまうので注意しましょう。

オーバーフロー管の故障

タンク内に水がたまりすぎた場合に排出する役割を持っているのが、オーバーフロー管という排水用の穴が開いた管です。排水穴よりも低い位置が破損したり、ヒビが入ったりした場合に、トイレの水が止まらない原因になることがあります。小さなヒビなどは見えづらいので、ライトで照らしながらよく確認してみてください。

トイレの水が止まらない時の症状から原因を特定

トイレの水が流れるシステムや水がストップしなくなる要因を確認したところで、ここからは水がストップしない時の症状から要因を特定します。もしいずれのケースにも該当しない、もしくはわからないのであれば、早期に業者へと連絡しましょう。 

便器内で水が流れ続けているケース 

便器内で水が流れ続けている場合は、以下のような要因が考えられるでしょう。

・ゴムフロートの劣化
・ボールタップの破損
・オーバーフロー管の損傷 

このような場合は、止水栓を閉め、給水をストップした段階で水位を確認してみてください。 上記で考えられるパターンとしては以下のケースが挙げられます。

①ウォーターラインよりも高く、便器への水流がストップしている
②ウォーターラインよりも高く、便器への水流がストップしていない
③ウォーターラインよりも低く、便器への水流がストップしている
④ウォーターラインよりも低く、便器への水流がストップしていない 

①のケースでは、ボールタップ・浮き玉の破損が要因だと考えられます。②のケースでは給水機能と排水機能にトラブルが発生している恐れがあるでしょう。③のケースでは、オーバーフロー管のひび割れや水位が低すぎることが要因だと思われます。 

①のケースでは、ボールタップ・浮き玉の破損が要因だと考えられます。②のケースでは給水機能と排水機能にトラブルが発生している恐れがあるでしょう。③のケースでは、オーバーフロー管のひび割れや水位が低すぎることが要因だと思われます。 

手洗い管から水が流れ続けているケース 

手洗い管から水がストップしないケースにおいては、止水栓を閉めてみて便器への水がストップするかどうか症状を確認します。
もし水がストップしたら、以下が要因となっている恐れがあるでしょう。 

・水位調整の不足
・ボールタップや浮き球の破損
・接続部分の経年劣化 

そしてもし止水栓を閉めても便器内の水がストップしないようであれば、以下が要因の恐れがあるでしょう。 

・ゴムフロートのずれ
・鎖が他の器具等とからまっている
・オーバーフロー管の不具合や破損 

上記はいずれも排水機能に関わるシステムであり、破損やひび割れなどを起こしていれば交換する必要があります。 

タンク内から給水の音が出続けているケース 

給水の音が聞こえてきて止まないケースでは、以下の要因が考えられます。 

・給水量が少ない
・ボールタップが破損している
・浮き球の不具合
・ゴムフロートのズレや破損 

まず止水栓を確認してみて、徐々に開いて水が溜まって音がストップすれば、給水量が少ないことが要因です。次に、浮き球を上にあげてみても水がストップしない場合、ボールタップの破損が要因でしょう。そしてボールタップを上にあげてストップする場合は、浮き球に何らかの不具合があると考えられます。最後にゴムフロートをチェックし、異常の有無を判断しましょう。 

トイレの水が止まらない場合の対処法

トイレの水が止まらなくなってしまった時は、適切な対処をとることで、問題を解決できます。しかし、間違った対処をしてしまうと、さらなる問題を引き起こす可能性もあります。正しい対処法について知りたい方は、ぜひこちらの記事を参照ください。

→トイレの水が止まらない場合に試したい対処法を確認!

疑われる原因をひとつずつ確認

いかがだったでしょうか。トイレの水が止まらない時に疑われる原因をご紹介しました。
様々な原因があるので、まずは一つずつ確認し、どこにトラブルが発生しているのか判断するのに、本記事を役立ててみてください。

世田谷区や足立区で水漏れの修理を依頼したい方はこちらをどうぞ!
水漏れ修理業者を世田谷区や足立区でお探しの方に向けてランキング別に紹介しています。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right