トイレのつまり修理で注意したい業者とよくあるトラブル

トイレのつまり修理を依頼する業者選びで悩んでいませんか。よく考えずに選ぶとトラブルに発展することがあるので注意しましょう。このページでは、トイレのつまり修理でよくあるトラブルと注意したい業者の特徴を紹介しています。以下の情報を参考にすれば、安心して依頼できる業者を見つけられるはずです。

トイレつまりの修理でよくある業者トラブル

トイレのつまり修理では、次のようなトラブルが起こることがあります。

正確な見積もりを出さず高額な料金を請求

トイレのつまり修理で多いのが、大まかな見積もりしか出してもらえず、修理後に高額な代金を請求されるトラブルです。このようなケースでは、見積もり外の工事が発生したなどの理由で相場より高い代金を請求されます。悪徳業者に多い手口なので注意しましょう。

必要のない修理を勧められる

必要のない修理を勧められるケースも、トイレのつまり修理で多いトラブルといえます。例えば、パッキンを交換するだけでよいのに水栓の交換を勧められる、部品が廃盤になったなど嘘の理由で新しいトイレへの交換を勧められるなどが該当します。詳しい知識がないと、「プロ」の勧めに従って必要のない修理を行ってしまうことがあります。不安を感じる場合は、他の業者にも見てもらうとよいでしょう。

こんな業者には注意

トイレ修理でトラブルを避けたい方は、次のような業者に気を付けましょう。

無料・格安をアピールしている

ホームページや広告などで、無料・格安を過剰にアピールしている業者には注意が必要です。作業代のみを表示していることがあります。他社より安く見えますが、出張代や部品代などがかかると最終的には割高になってしまいます。無料・格安をアピールしている業者に依頼するときは、表示されている料金以外にどのような費用が掛かるか確認しておきましょう。

急いで契約させようとする

消費者に落ち着いて考える時間を与えず、急いで契約させようとする業者にも注意が必要です。例えば、「今すぐ契約しないと修理代が高額になる」、「今すぐ修理しないと大変なことになる」などといって、契約を迫ってくる業者などが該当します。優良業者は判断材料を提示して、最終的な決断は消費者に任せます。のちのトラブルを避けたい方は、急いで契約させようとする業者を避けるほうがよいでしょう。

トイレのつまり修理を依頼する業者は慎重に選びましょう

何も考えずに業者を選ぶとトラブルに巻き込まれることがあります。よくあるトラブルとして挙げられるのが、正確な見積もりを出さず高額な料金を請求されることや必要のない修理を勧められることです。これらのトラブルは、無料や格安を過剰にアピールしている業者、急いで契約させようとする業者で起こりやすいといえます。トイレのつまり修理を依頼する業者は慎重に選びましょう。詳細な見積もりを取る、複数の業者に相談するなどを心掛けると、信頼できる業者を選びやすくなります。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right