トイレにトイレットペーパーが詰まってしまったときの対処法

何気なく流したトイレットペーパーが、トイレにつまってしまうことがあります。トイレがつまると使えなくなるので困りますよね。このページでは、トイレにトイレットペーパーがつまったときにできる対処法を紹介しています。以下の情報を参考にすれば、トイレにつまったトイレットペーパーを取り除けるはずです。

トイレにトイレットペーパーが詰まった場合の対処法

トイレにトイレットペーパーがつまったときは、以下の方法を試してみるとよいでしょう。

そのままの状態で放置する

トイレにつまったものがトイレットペーパーの場合、そのまま放置していると自然に直ることがあります。トイレットペーパーが水に溶けやすい性質をもっているからです。時間的な余裕がある方は、そのままの状態で、2~3時間程度、様子を見るとよいかもしれません。

急いでいる場合はお湯を使う

できるだけ早くつまりを解消したい場合は、お湯を使ってつまっているトイレットペーパーをふやかすとよいでしょう。具体的な対処法は以下の通りです。

1. 便器内の水を汲みだす。
2. バケツなどにぬるま湯を用意する。
3. トイレの排水口を狙って高い位置からお湯を注ぐ。
4. トイレのふたをして、30分程度、放置する。
5. つまりが解消していそうな場合は、少量の水を足して流れることを確認する。

便器に高い位置からお湯をそそぐと水滴が飛び散ります。作業を行う前に、汚れてもよい服に着替え、トイレの床や壁を養生しておきましょう。

放置しても直らないつまり

トイレットペーパーによるつまりは、放置しておけば直ることが多いといえます。トイレットペーパーではなく、水に溶けない異物が詰まっている場合は、放置しても直りません。また、おむつなどは水分を吸収するため、水に浸かった状態で放置すると膨らんでしまいます。そのままの状態にしておくと、つまりが悪化するので気を付けましょう。これらが詰まっている場合は、取り除く必要があります。詰まっているものがわからない場合、放置してもつまりが直らない場合は、業者に相談することも検討しましょう。

トイレットペーパーによるトイレのつまりは自然に直る可能性あり

トイレットペーパーが引き起こしたトイレのつまりは、そのまま放置しておくことで直る可能性があります。できるだけ早く直したい方は、便器にぬるま湯を注いでふやかすとよいでしょう。トイレのつまりがトイレットペーパー以外で引き起こされている場合は、放置により悪化する恐れがあります。詰まっているものがわからないときは慎重に対処しましょう。不安を感じる方は、業者に相談するとよいかもしれません。つまりの原因を見極めて、確実に取り除いてくれます。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right