トイレがつまって逆流したときの対処法

トイレに関するトラブルで多いのが、つまりが発生して汚水が逆流することです。水があふれてくるので驚いてしまいますよね。トイレの逆流はどのような原因で生じるのでしょうか。このページでは、トイレの逆流が生じる原因と対処法を解説しています。トラブルを解決したい方は参考にしてください。

トイレの水がつまって逆流する原因

トイレの水が逆流する主な原因は、便器内あるいは排水管内のつまりで水が流れなくなることです。行き場を失った水が逆流してしまいます。つまりの原因として挙げられるのが、排泄物、トイレットペーパー、ティッシュ、生理用品やおむつ、おもちゃや置物などです。つまりは便器の排水口付近、その奥の便器内部、さらにその奥の排水管内で発生します。基本的に、奥へ進むほど解決は難しくなります。

対処方法

トイレがつまって水が逆流している場合、以下の方法で解決できる可能性があります。

ラバーカップを使う方法

ラバーカップは、いわゆるスッポンのことです。洋式用と和式用があるので便器に合わせて使用します。使い方は以下の通りです。

1. 便器の排水口にカップ部分をかぶせる。
2. 便器内の水を、カップ部分が隠れる程度まで汲みだす。
3. 柄を上から押して、カップ部分を排水口に密着させる。
4. 3の柄を一気に引き上げる。
5. 3と4の動作を繰り返す。
6. つまりが解消したら、便器内に少量の水を注ぎ流れることを確認する。

ぬるま湯を使う方法

トイレットペーパーなど水に溶けるものがつまっている場合は、お湯を使って解決できる可能性があります。作業の流れは以下の通りです。

1. 便器内の水を汲みだす。
2. ペットボトルなどにぬるま湯を注ぐ。
3. 高い位置から便器の排水口をめがけてぬるま湯を注ぐ。
4. ふたを閉めて、30分程度、放置する。
5. つまりが解消したら、便器内に少量の水を注ぎ流れることを確認する。

便器内部、排水管がつまっている場合は業者に依頼

便器内部、排水管がつまっている場合、便器の取り外しや排水管内部の掃除が必要になります。便器の排水口からつまりの原因が見えないときは、便器内部より奥でつまりが発生している可能性が高いといえます。個人で対処することは難しいので、業者に相談しましょう。

 

トイレのつまり・逆流はさまざまな原因で生じます

トイレの汚水が逆流する原因は、便器の排水口付近や便器内部、排水管内部でつまりが生じることです。つまりは排泄物、トイレットペーパーのほか水に溶けない異物などで生じます。排水口付近で生じたつまりは、ラバーカップなどを使用することで解決できる可能性があります。便器内部より奥で生じたつまりは、便器の取り外しなどが必要なので個人で解決することは難しいといえます。いずれにせよ、トイレのつまり・逆流は、業者に依頼すれば解決できます。お困りの方は、相談するところから始めるとよいでしょう。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right