蛇口からの水漏れ修理のやり方は?症状別の原因を知って自力で修理

「気になる水漏れを自分で修理したい」と考える方は多いですが、症状が深刻ではない場合、自分で修理できることもあります。そこで、蛇口からの水漏れを修理するやり方について、症状や原因も確認しながら解説していきます。ただし、ご自身で対処できなければ、必ず信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

キッチンの蛇口の種類

まずは蛇口の種類について知っておきましょう。水漏れの原因は水栓の種類や水が漏れている場所によって変わるため、種類を把握しておくことは大切。キッチンで主に使われている水栓は次の2種類です。

シングルレバー混合水栓

「シングルレバー混合水栓」は、蛇口の上部にレバーがついていて、上下左右への操作で水温や水量を調整するタイプです。「バルブカートリッジ」という部品の働きにより、1つのレバーですべての調整を行えます。

ハンドル混合水栓

「ハンドル混合水栓」とは、冷水と温水のハンドルが分かれているタイプです。それぞれのハンドルを回す量により、水温や水量を調整します。シングルレバー混合水栓より単純な構造であることから、修理しやすい点がメリットです。

水漏れの原因として考えられる要素

それでは次に、よく見られる水漏れの症状と原因について確認しましょう。

水栓の種類 症状 原因
シングルレバー混合水栓 吐水口から水が漏れる バルブカートリッジの劣化
金具の隙間から水が漏れる 本体の損傷、バルブカートリッジ・パッキンの劣化
ハンドル下部から水が漏れる バルブカートリッジの劣化・ナットのゆるみ
本体設置部分から水が漏れる パッキンの劣化、接続不良
ハンドル混合水栓 吐水口から水が漏れる フィルター・カートリッジの汚れ、スピンドルの劣化
部品接合部から水が漏れる ナット・ボルトのゆるみ、パッキン・コマ・バルブの劣化
パイプ根本から水が漏れる ナットのゆるみ、パッキンの劣化、フィルター・カートリッジの汚れ
本体設置部分から水が漏れる ねじ巻きの劣化、配管の詰まり

上記の表を見ると、シングルレバー混合水栓ではバルブカートリッジに原因があり、ハンドル混合水栓では各種部品の劣化や汚れに原因があることが多くなっています。ただし、本体と壁の接続部分から水が漏れている場合は、配管や接続状態に問題があることも考えられるでしょう。

蛇口の水漏れ修理のやり方

蛇口吐水口からの水漏れ修理の基本的なやり方をご紹介します。

1.水道の元栓を閉める
2.工具を使ってハンドル・レバーを取り外す
3.スパナでナットやカートリッジ押さえを取り外す
4.スピンドルやバルブカートリッジを交換する
5.各部品が劣化していれば交換する
6.各部品がゆるんでいれば締め直す

自分でできる修理のやり方は、部品の締め直しと交換の2種類がメインです。蛇口の部品に問題がない場合は、水漏れが悪化する恐れもあるため業者に依頼することをおすすめします。

水漏れ修理でおすすめの業者

水漏れ修理を業者に依頼するなら、「富士水道センター」がおすすめです。24時間365日体制で、連絡から最短20分で駆けつけてくれるスピーディーさが魅力。さらに、工事にはアフターフォローと最長10年の施工保証がついていることから、工事後も長く安心感が続きます。

蛇口の水漏れ修理は業者への依頼が安心

蛇口の水漏れ修理は、やり方を覚えればご自身で行うこともできますが、やはり業者に依頼したほうが安心感が得られます。修理しようと試みてやり方を間違えて水漏れが悪化し、家の中が水浸しになってしまったり、水が出なくなってしまったりしてはその後が大変です。水漏れの症状が悪化する前に、業者に相談をされてみてはいかがでしょうか。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right