お風呂のつまりを予防するための3つの方法とつまりの原因

お風呂のつまりは、日常的に気をつけることで予防可能です。排水口がつまる原因を知っていれば、どのように対処するべきなのかもわかるようになります。今回の記事では、排水口がつまる原因を確認した後に、つまりを予防するための具体的な3つの方法をご紹介していきます。

お風呂の排水溝の詰まりの原因

まずは、予防方法を確認する前に、お風呂のつまりの原因を知っておきましょう。

・ボトルキャップやカミソリの刃などの異物の混入
・髪の毛・皮脂・垢の蓄積
・石けんやシャンプーのカスの蓄積
・雑菌の繁殖

お風呂がつまる原因となるのは、根本的には排水口への異物の混入や蓄積です。また、蓄積した髪の毛などにヌメリや汚れが付着すると、雑菌の餌になり、雑菌が繁殖してつまることもあります。

お風呂の排水溝の詰まり予防方法

お風呂の排水溝のつまりを予防するためには、次のような方法を試してみてください。

排水トラップの掃除をする

排水トラップは定期的に掃除をしましょう。排水トラップとは、ヘアキャッチャーの下にある筒状の水が溜まる部分。上に引き出して付着している髪の毛を捨て、ヌメリや汚れを掃除してあげることでつまりにくくなります。

つまりが発生する前にパイプを清掃する

お風呂のつまりが発生する前に、パイプを清掃することも予防法として大切です。パイプの清掃は、液体のパイプクリーナーを排水口に流すだけです。スポンジやブラシを使って清掃しようとすると労力が必要ですが、パイプクリーナーを使えば、簡単に排水口をきれいな状態に保てます。

ヘアキャッチャーにネットを装着する

ヘアキャッチャーに目の細かいネットを装着すると、ヘアキャッチャーの清掃が大変しやすくなります。引っかかった髪の毛をネットごと捨てられるようになり、毎日の清掃も大変だと感じられなくなるでしょう。

お風呂の排水溝のつまり解消で依頼したい修理業者

もしお風呂の排水溝のつまりが予防できなかった場合、「富士水道センター」に相談することをおすすめします。「富士水道センター」は、作業の前にかならず見積もりを提示してくれることから、突然高額な請求が行われることはありません。見積もり料金や出張費も無料で、見積もりを依頼するだけであれば料金は発生しないため、お風呂のつまりも安心して相談できるでしょう。

お風呂のつまりを予防するには清掃が大切

お風呂のつまりをあらかじめ予防するためには、基本的にこまめな清掃が大切です。排水口がつまる原因は、ほとんどの場合で異物の混入や蓄積となっていることから、定期的に異物と汚れをきれいにしてあげることが最善の予防策です。しかし、排水管の中など、日常的な清掃では汚れを取り切れない部分もあります。清掃が困難な場所でつまりが起きた場合は、水回りトラブルの業者に依頼するべきでしょう。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right