水漏れの修理完了までの業者の対応と適切な応急処置

水漏れが発生したときは、パニックに陥って適切に行動できなくなってしまいがちです。しかし、応急処置の方法と業者の対応を知っておけば、その場に相応しい冷静な対処が行えるようになります。水が漏れた場合の応急処置法と、業者の対応ついて把握しておきましょう。

水漏れ発生時の対応の進め方

それでは、水漏れが発生したときの対応について、流れに沿ってご紹介します。

まず水道元栓を止める

水が漏れたら、まずは水道の元栓を閉めてください。業者が来るまでの応急処置として元栓を閉めれば、それ以上水が漏れることはありません。元栓は水道メーターの横に設置されており、ハンドルやレバーにより操作します。ほとんどの場合、手で操作することができますが、手で操作できないタイプについては、穴にドライバーを差して時計回りに回してください。回した回数を覚えておけば、修理完了後に元の水量に戻すことが簡単になります。

水漏れ対応業者に連絡

水道元栓を閉めたら、水回り修理に対応している業者へと連絡をしましょう。連絡をする際のポイントと注意点は次のとおりです。

・水漏れ発生箇所を確認しておくこと
・無料見積りが可能であることを確認すること
・時間外料金などの特別料金に注意すること
・地域密着型の信頼性が高い業者に依頼すること

連絡をする際には、水が漏れている場所を確認し、無料見積もりが可能で、なるべく特別料金がかからない業者を選ぶようにしてください。地域からの信頼性が高い、地域密着型の業者であれば安心感が高まります。

現状を見て見積もり

業者に連絡をしたら、業者が訪れて現地調査を行った後、見積もりが提示されます。メールや電話だけで見積もりを行う業者は、見積り金額と修理費用が異なる場合があるので要注意です。見積もりをチェックする際には、見積もり項目を確認し、内訳を把握しておくようにしましょう。

業者による水漏れ修理作業

見積り金額に納得できたら、次に水漏れ修理作業が行われます。基本的な修理であれば1時間程度で終わりますが、大掛かりな修理であれば2~3時間かかることもあるので、最長3時間で予定を立てておいてください。また、場合によって当日は応急処置のみ行い、修理作業は後日対応となることも考えられます。

水漏れ対応でおすすめの業者

水漏れに対応している業者の中で、特におすすめできるのは「富士水道センター」です。関東を中心に対応を行っている業者であり、連絡から最短20分で駆けつけてくれるという頼もしさがあります。現地調査にて詳細な見積もりを提示してくれるので、明朗会計であることも魅力のひとつ。関東で水回りの修理を依頼するなら、「富士水道センター」をおすすめします。

水漏れへの対応は冷静に!業者選びもしっかりと行おう

水漏れが発生するとついパニックに陥りがちですが、冷静に対応することが最も大切です。業者に連絡するまでの応急処置として元栓をしっかりと閉め、信頼できる業者に修理の依頼をしてください。水が漏れたときの適切な対処を知っておけば、業者選びも冷静に行えるようになります。今回の記事を参考に、いざというときも落ち着いて行動できるようになりましょう。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right