水漏れ修理の相場と蛇口・トイレ・浴室のよくある症状

水漏れ修理の費用相場は、水が漏れる原因や補修方法、業者により変わります。初めて業者に依頼しようと考えている方にとっては、非常にわかりにくい部分ではないでしょうか。そこで今回の記事では、住宅で起きる水回りトラブルの症状と原因、補修のために必要な費用の相場についてご紹介します。

蛇口周りの水漏れ修理の費用相場

蛇口周りで起きる水漏れの原因と症状、そして修理費用の相場は次のとおりです。

症状 原因 費用の目安
ハンドル・レバー・接合部から水が漏れる 部品の緩み、劣化、摩耗 5,000~30,000円
吐水口から水が漏れる フィルター、カートリッジの汚れ 5,000~30,000円
配管・パイプから水が漏れる 部品の緩み、劣化、汚れの付着 3,000~20,000円
壁と蛇口の接合部から水が漏れる ねじ巻きの劣化、摩耗、配管の詰まり 5,000~15,000円

蛇口の種類や水が漏れる症状、原因により修理方法はさまざまで、どのような方法で直すかにより費用の相場も変わります。ただし、一般的には上記の表のような原因で水漏れが起きることが多く、修理費用の相場も記載したようになることが多いでしょう。

トイレの水漏れ修理の費用相場

次に、トイレで起きる水漏れの原因と症状、修理にかかる費用の相場について解説します。

症状 原因 費用の目安
トイレが詰まって水が漏れる 排水管の詰まり 10,000~15,000円
パイプから水が漏れる 排水管、給水管、部品の劣化 4,000円~
タンクから水が漏れる タンク内部部品の劣化、不具合 8,000~16,000円
便器から水が漏れる 便器の破損 25,000円~
ウォッシュレットノズルから水が漏れる ノズルの故障、接続部の劣化 8,000円

トイレから水が漏れる場合、多くのケースで排水管への異物の詰まりが原因ですが、部品の故障、劣化、破損などの可能性も考えられます。ラバーカップやパイプクリーナーを使用しても症状が改善されない場合、上記の費用目安を参考にしながら、業者に依頼することが得策です。

浴室の水漏れ修理の費用相場

浴室で起きる水漏れの原因と症状、修理費用の相場について確認していきましょう。

症状 原因 費用の目安
シャワーヘッドから水が漏れる バルブ、シャワーヘッドの故障 7,000~12,000円
蛇口やシャワーホースから水が漏れる パッキンの劣化 1,000円
蛇口本体から水が漏れる 蛇口の劣化 20,000~47,000円
浴槽から水が漏れる 浴槽の破損 120,000~180,000円
浴槽に溜めた水が抜ける 排水栓の不具合 10,000~20,000円
給湯器から水が漏れる 配管との接続部の劣化、熱交換器の不具合 10,000~55,000円

浴室で起きる水漏れは、排水栓の交換など自分で直せるものもありますが、浴槽や熱交換器の交換を行う場合は高額になることが特徴です。早めに業者に相談することで症状の悪化を抑えられる可能性もあるので、浴室での水漏れが見られたら業者への相談をおすすめします。

おすすめの水漏れ修理業者

水漏れを直したいと考えているなら、修理業者は「富士水道センター」がおすすめです。富士水道センターであれば、東京・神奈川・千葉・埼玉の4都県からの連絡に最短20分で駆けつけてくれます。出張費と見積り料金は無料である上に、最長10年間の施工保証と充実のアフターフォローがついてくるから安心。水漏れ修理業者選びで「安心感」と「信頼性」を重視するなら、水道局指定工事店の「富士水道センター」をおすすめします。

水漏れ修理の費用相場を把握したら早めの対処を!

水漏れ修理で最も大切なことは、「早めに対処すること」です。水回り補修の費用相場を、蛇口周り・トイレ・浴室の3ヵ所についてご紹介してきましたが、いずれにしても、症状が深刻化する前に業者に連絡をした方が、費用を抑えられる可能性が高まります。関東エリアにお住まいで水漏れの補修を検討されている方は、今回ご紹介した「富士水道センター」にご相談されてはいかがでしょうか。

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right