屋外排水管の水漏れやつまりの原因は?水漏れ原因の主なパターン

排水管のつまりや漏水などは、どの家庭においても決して他人事ではありません。 みなさんの中にも、「排水管が水漏れしているかも……」「あれ?ひょっとしてつまっている……?」などとされている方もいるのではないでしょうか。 

水漏れやつまりには様々な原因が考えられますが、基本的はある程度のパターンがあるものです。 つまりや漏水は放置するとさらなるトラブルに発展し、対処するためのコストも余計に掛かってしまう恐れがあります。 

そのため今回は、屋外排水管がつまってしまう原因や水漏れを起こしてしまう原因について解説します。
排水管のつまりや水漏れに関して不安な方やつまり・水漏れの原因を知りたい方は、一度ご参考にしてみてください。 

屋外排水管のつまり 

屋外排水管が詰まってしまうと、以下のようなトラブルが発生してしまいます。

・排水が悪くなる
・地面から水漏れが発生する
・壁から水漏れが発生する 

屋外排水管は、様々な理由によって詰まってしまいます。
そしてその中でも注意したいのが、排水ますのつまりだと言えるでしょう。 

ここでは、排水ますや屋外排水管のつまりの原因について解説します。 

排水ますとは 

排水ますとは、排水管の点検や掃除をしやすくするために設置されている構造物のことを指します。 

塩ビ製の小さなマンホールのようなフタに、「汚水」などと書かれているものを見たことがある方もいるのではないでしょうか。
各家庭から出た雨水や汚水は、排水管を通って公道に埋まっている排水本管へと流れつきます。その際にもし各管を完全密閉状態でつないでしまうと、汚水などと一緒に流れてきたゴミや掃除や点検をすることがうまくできません。 

そこで設置されているのが、排水ますなのです。
排水ますは排水管の間に設置されており、開くと排水管内にゴミや汚れなどが貯まっているかどうかを確認できます。
排水管から流れてきた汚水は、配管同士の中継地点にある排水ますに流れ込みます。 そして排水ますにて油分は上部に、ゴミなどは下部に分離され、水だけが次の排水管に流れていく仕組みです。 

また、一口に排水ますと言っても、実際には以下の2種類があります。

・私設ます:個人の敷地内に設置されていて、個人が管理をする構造物
・公共ます:個人の敷地外に設置されており、自治体などが管理をする構造物 

排水ますが詰まることで、以下のようなリスクがあります。

・排水不良の発生
・排水の逆流
・排水ますから汚水が溢れる
・悪臭が発生する 

上記の通り、排水ますがつまると衛生面で非常に深刻な現象が起こることが考えられるでしょう。そのため、私設ますに関しては定期的にきれいにすることが望ましいでしょう。 

排水ますがつまる原因 

排水ますは、主に以下のような原因でつまってしまいます。

・キッチンからの油汚れや食べカス等の堆積
・浴室からの石鹸カスや毛髪等の堆積
・トイレから流れてきた異物や大量のトイレットペーパーなどの堆積
・その他何らかの原因で排水桝につまってしまった土砂や泥、木の根など 

上記を確認すると、どの家庭でも日常生活で発生する汚れが原因であることが分かるでしょう。
どなたにとっても、排水ますのつまりは他人事ではないということが良く分かります。 

排水ますがつまってしまう排水がスムーズに行われなくなり、悪臭を発生させたり配管を傷めたりさせる恐れがあります。 最悪の場合排水ますを交換しなくてはならない事態に発展することもあるため、気を付けましょう。 

屋外排水管の水漏れの原因 

ここでは、屋外排水管が水漏れしてしまう主な要因について解説します。 

水道管の老朽化

排水管からの水漏れの原因として最も多いと言えるのが、排水管の老朽化です。

排水管は非常に長い期間地中等に埋まっているものですが、永久にそのままにしておけるものではなくやはり寿命があります。鋳鉄管の場合は40~50年、塩ビ管の場合は30年程度で寿命が来てしまうと言われているのです。

上記はあくまでも目安であり、実際には排水量などの諸条件によって寿命は変わります。しかしいずれにせよ確実に老朽化していくものですので、あらかじめ理解しておきましょう。

排水管内の詰まり

排水管の詰まりも、大きな原因の1つです。
排水管に流れているのは水だけではなく、油や食材の残りカスなど様々なものが流れています。

また、お風呂場からの排水管であれば石鹸カスや髪の毛なども流れてくるでしょう。これらのものが排水管に流れ蓄積していくと、徐々に詰まりが発生してしまい、下水の逆流を引き起こして排水管の接合部からの水漏れを引き起こしてしまうのです。

排水管の取り付け・接合不良

排水管の取り付け・接合不良も、水漏れの原因になります。

排水管はナットで固定されているため、劣化や地震の振動・衝撃などによって劣化したりゆるんだりすれば、徐々に排水管のつなぎ目から水漏れが発生するのです。また、もともと排水管の施工時のミスでしっかりと取り付けられていなことから、水漏れが起きてしまうケースもあります。

寒冷地での凍結

寒冷地においては、冬場の寒さで排水管が凍結して水漏れにつながってしまうケースもあります。

水は液体から固体(氷)に変わる際に体積が膨張し、排水管を損傷させることがあるのです。水が凍る温度は-4度と言われているため地中の排水管は比較的凍りにくいのですが、地面から屋外に露出している部分は凍ってしまうリスクが高まります。
そのため、保護材などでの保温を行ってあげるようにしましょう。

屋外排水管が水漏れする原因を整理しておきましょう

いかがでしたでしょうか?
屋外排水管の水漏れの原因を理解しておき、万一の際の適切な対応につなげましょう。また、当サイトでは屋外排水管の水漏れをチェックする方法も記載しております。
併せて確認してみましょう。

屋外排水管の水漏れをチェックする方法4選!簡単な確認方法を紹介

水漏れやつまり修理の業者をお探し方はこちらをどうぞ!
水漏れ・つまり業者をランキング別に紹介しています。水回りのトラブルにお悩みの方はこちらをチェック!

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right