浴室の排水溝のつまりはどうする?解消法をご紹介

浴室の掃除の中でも、ついついさぼりたくなってしまう部分の1つが、排水溝でしょう。しかし、排水溝の汚れを放置するとつまりが発生してしまうため、厄介です。

それでは、排水溝のつまりを解消する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、浴室の排水溝のつまりを解消する方法として代表的なものを4つご紹介します。

排水溝のつまりで悩んでいる方は、ぜひとも参考にしてみてください。

浴室の排水溝の仕組み

浴室の排水溝には、悪臭や害虫の侵入を防ぐための仕組みである「排水トラップ」が設置されています。 

排水トラップには排水口に流れた水の一定量が溜まり、排水管の中の臭いや雑菌、害虫などが上がってこないようにしているのです。 
排水トラップは、常に水が溜まっている状況にするため複雑な構造になっています。 そのため、つまりの原因も蓄積しやすいため注意しましょう。
排水トラップには、以下の3種類があります。 

・ワントラップタイプ
・ドラムトラップタイプ
・管トラップタイプ 

ワントラップタイプとは、お椀のようなかぶせ物があるタイプの排水トラップです。 かぶせ物の周囲に水が溜まることで、ニオイや害虫の侵入を防ぎます。 

ドラムトラップタイプとは、ユニットバス等近年の浴室に多くみられるタイプです。水を多く溜められて蒸発しにくいため臭いや害虫を防ぐ効果が高いものの、掃除がしにくい点はデメリットだと言えます。 

管トラップタイプは、古い排水溝に見られるタイプです。 排水管をS字やU字などに曲げ、水を溜めます。 水を流すと自然と洗われるため掃除は楽ですが、水が蒸発しやすいため注意が必要です。 

浴室の排水溝がつまる原因

ここでは、浴室の排水溝がつまる原因について解説します。 

排水溝がつまる原因物質 

排水溝がつまってしまう原因物質には、以下のようなものが挙げられます。 

・髪の毛
・石鹸、シャンプーなどのカス
・皮脂や垢
・その他固形物 

排水溝がつまってしまう要因として非常に大きいのが、髪の毛だと言えます。 健全な人間でも、一定数の毛髪が抜けて入浴時に洗い流されるためです。 髪の毛は他の皮脂汚れなどを付着させやすく、つまりの大きな原因になってしまいます。 

石鹸やシャンプーのカスが、つまりの原因になってしまうこともあります。 お湯に流されている時は目立ちませんが、排水溝内の髪の毛などについて少しずつ蓄積していくと、大きな塊になってしまうのです。 

身体から洗い落とす汚れも、排水溝をつまらせます。 石鹸カスと同様に毎日の入浴によって蓄積され、問題に発展するのです。 

そして上記に当てはまらない固形物も、つまりの要因になります。
シャンプー容器の切れ端やカミソリの刃などが排水口に流れ、詰まらせてしまうことがあるのです。 小さな固形物を排水口周辺においておくと流れてしまう可能性があるため、しっかりと取り除くことが大切でしょう。 

排水ますがつまっている可能性

排水溝に異常がなかった場合、その先にある排水ますが詰まっている可能性があります。
排水ますとは、排水管の合流地点など途中に設置され、排水管の掃除や点検のために役立つ構造物のこといいます。 直系15cm程度の大きさのプラスチック製のマンホールのようなフタで、「汚水」などと書かれているものを見た経験がある方も、いるのではないでしょうか。 

排水ますは構造上少しずつ油よごれや固形の汚れを蓄積させていくため、詰まってしまう可能性があるのです。排水溝の途中に設置されているため、排水ますがつまると排水溝の流れが止まってしまいます。 

排水ますがつまったら一般の方には対処が難しいため、専門業者に連絡するようにしましょう。 

浴室の排水溝のつまりをチェックする際のポイント 

浴室の排水溝のつまりをチェックする際には、ゴミ受けや排水トラップを外した状態で水が流れるのかどうかを確認すると良いでしょう。
もしゴミ受けや排水トラップを外すと問題なく水流れる場合は、ゴミ受けや排水トラップに原因があると考えられます。ゴミ受けや排水トラップを掃除することで、問題が解消される可能性が高いでしょう。 

ゴミ受けや排水トラップを外してもつまっている状態が変わらない場合は、排水管の奥に何らかの原因があると考えられます。
排水管の問題を解消することは一般の方には難しいため、早期に専門業者へ連絡するようにしましょう。 

ご家庭で実践できる解消法

ここでは業者に依頼せずに、ご自身で解決したいと考えている方に向けて、実際にご家庭で実践できる方法をご紹介します。

ラバーカップを使う

トイレでよく使用される先端にゴムのカップが付いた棒「ラバーカップ」は、浴室のつまり解消においても有効な道具です。
排水溝の部分にラバーカップをしっかりと押し当て、何度か繰り返し引き上げます。排水溝のつまりが引き上げられ、水が流れるようになります。
あまりに強く引き上げようとしてしまうと排水溝を破損させる原因にもなりかねないため、力加減には注意しましょう。

液体パイプクリーナーを使う

ホームセンターやコンビニなどで比較的簡単に購入できる液体パイプクリーナーは、非常に手軽につまりを解消できるアイテムです。

排水溝のつまりの原因になる最も代表的なものは髪の毛であり、塩素系の液体パイプクリーナーを使用することで直接的に溶かし、つまりを解消できます。
パイプクリーナーを使うのであれば、なるべく効果を発揮させるために水気が引いたタイミングで使うようにしましょう。

ワイヤーハンガーを活用する

比較的多くの家庭にあるワイヤーハンガーを活用することでも、つまりの改善は可能です。

排水トラップの部品を取り外し、その状態で見える穴の開いた部分に、まっすぐ伸ばしたワイヤーハンガーを差し込みます。そして可能な限り奥へと差し込み、周辺を削るようにワイヤーを動かしましょう。まだ固まっていない汚れであれば、ワイヤーハンガーを使った方法で十分に取り除くことが可能です。

重曹とお酢を使ってつまりを溶かす

排水溝のぬめりや汚れによるつまりには、重曹とお酢を使った方法もおすすめです。

まず、重曹:お酢=1:2の割合で用意します。
最初に重曹を排水溝とその周りにふりかけ、その上からお酢を全体的に回しかけます。そしてそのまま1時間程度放置し、シャワーのお湯でつまりや汚れごと洗い流してしまいましょう。排水溝を触る必要がないため、非常に手軽で行いやすい方法だと言えるでしょう。

浴室の排水溝のつまりを解消しましょう!

今回は、浴室のつまりの解消法について解説してきました。
比較的手軽につまりを解消できる方法もあるため、ぜひとも積極的に活用してみてください。

水漏れやつまり修理の業者をお探し方はこちらをどうぞ!
水漏れ・つまり業者をランキング別に紹介しています。水回りのトラブルにお悩みの方はこちらをチェック!

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right