トイレのつまりの直し方とは?まずは自分でできるものを実践!

トイレつまりが発生した際に、「修理業者に依頼すると高い費用がかかってしまいそう」「できるだけ営業所に依頼することなく解決したい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

トイレつまりの中には、自分でも解消しやすいものがあります。そこで、実践したいトイレつまりの直し方についてご紹介しましょう。まずは自分でできる方法で挑戦し、無理だったら業者に依頼することを考えたいといった方は参考にしてみてください。

トイレつまりの直し方

トイレつまりの直し方について、実践しやすいものからご紹介します。事前準備として、止水栓を閉めておいてください。また、ウォシュレットタイプは電源プラグを抜いておきます。

バケツで勢いよく水を流す

水流や水圧が不足しているために問題が起こっているケースがある場合、バケツに水を用意しましょう。それを勢いよく排水口へ向かって流すと、流れが改善されることも期待できます。水が溢れないように注意しなければならないので、流す水の量は調整が必要になります。

また、トイレットペーパーがつまっている場合は、熱すぎず、ぬるすぎない60度以下のお湯を流すのも効果的です。ただし、高温の熱湯を使用すると陶器が耐えられず、便器が割れる可能性があるので注意しましょう。何度かバケツでお湯を流し入れて1時間ほど時間を置いてから、もう一度少量の水をバケツで流して様子を確認します。

ラバーカップを使う

排水口にラバーカップを当て、ゆっくり押して中の空気を抜きましょう。押すよりも引くほうが大切なので、勢いよく引っ張ります。なお、便器によって適しているラバーカップの形状が違うので、購入時に確認が必要です。

その他

ラバーカップよりも吸引力が強い真空式パイプクリーナーを使った方法や、異物を引っかけることができるワイヤー式のクリーナーを使う方法、重曹とお酢を使う方法もあります。試せるものから実践してみてください。

トイレつまりの原因

専門の業者に依頼せずともトイレつまりは自分で直すことが出来ます。
しかし、一体なぜトイレがつまってしまうのか、その原因を把握することも大切です。原因を知り、トラブルを未然に防ぎたいという方は、ぜひこちらの記事を参照ください。

→トイレつまりの原因として特に多いものと注意点をチェック

トイレのつまりを直す際にやってはいけないこと

ここでは、トイレのつまりを改善するために行ってはいけないNG行動について紹介します。 

大量の水を流す 

まずやってはならないこととして挙げられるのが、大量の水を流そうとすることです。水を流し続けて水圧で流そうとしても、出口が詰まっていれば流れることはありません。それどころか逆流してしまう可能性もあるため、避けましょう。 

逆流をしてしまうとトイレの中が汚水まみれになってしまう可能性があり、掃除が大変なだけでなく衛生上も問題があります。水を流すのは、つまりを改善させた後だと認識しましょう。 

熱いお湯を流す 

熱いお湯を流すことも、避けるべき行動の1つです。確かにトイレットペーパーは熱いお湯の方が溶けやすいのですが、実は便器は熱いお湯が苦手です。場合によっては便器にヒビが入ってしまうこともあり、その場合はトイレごと交換になって余計に費用が掛かってしまうため避けましょう。 

また、トイレットペーパー以外のものがつまりの原因の場合、お湯をかけたとしてもつまりが改善することはありません。その場合は悪影響しかないため、避けるべきでしょう。 

便器を外す

避けたい行動としては、便器を外すことも挙げられるでしょう。便器を外すと自分で元に戻せなくなってしまう可能性があり、場合によっては完全にトイレが壊れてしまいます。また、便器には汚れが付着しているため、外すことでトイレ個室内や体に汚れがついてしまう可能性もあります。そのままでは掃除が大変なだけでなく、衛生的にも最悪です。どうしても便器を外したいのであれば、業者に連絡して対応してもらうようにしましょう。 

強い薬剤を使用する

とにかくつまりを改善したいと、強い薬品を使用してしまうのも危険です。強い薬品は高い威力を持つ反面に、人体への悪影響も心配されます。皮膚についたり目に入ったりしてしまえば、大きな怪我につながる恐れもあるでしょう。 

また、薬品の場合はつまりの原因に合わせた成分を持ったものでなければ、結局改善されません。まずはつまりの理由を突き止めてから、最適な手段を取ることが大切なのです。 

酢と重曹を入れる

水回りの掃除にとても便利な酢と重曹のコンビですが、トイレの詰まり改善には役立ちません。そもそもこのコンビは炭酸ガスを作り出して汚れを落とすのですが、便器内で炭酸ガスが発生すれば水が溢れてしまい、外に漏れてしまうことがあるのです。 

詰まっているということは出口がなくなっているということであり、その状態でガスが発生すれば便器の中が水であふれてしまうでしょう。このコンビは、別の水回りの掃除に活用するようにしてください。 

トイレのつまりを直す際に業者が必要なケース 

ここでは、トイレのつまりを直すために業者が必要なパターンについて解説します。 

自分で改善できなかった

まず挙げられるのが、自分で頑張ってみたけど改善できなかったパターンです。ラバーカップによってつまりを改善させることは一般の方にもできますが、この手段で改善ができなかった場合は配管など内部の器具に原因がある可能性が高いと言えます。 

この場合は自分で対処することができず、無理をしても事態を悪化させてしまうだけであるため早期に業者へ連絡するようにしましょう。

少し時間をおいてみても回復しなかった

少し時間をおいてみると改善されることもあるのですが、ちょっと待ってみて全然状況が改善しないパターンでは、やはり業者に連絡すべきです。時間の経過で改善されるのはトイレットペーパーが原因のケースなどですが、もし待ってみても変わらない場合は他に原因がある可能性が高いでしょう。 

放っておいても事態は一向に改善せず、むしろ良くない方へと向かってしまうため、早めに連絡するようにしてください。 

トイレつまり解消対策は無理なく実践

いかがだったでしょうか。トイレつまりの直し方についていくつかご紹介しました。頑固なつまりはプロでなければ対応できないことがあるほか、間違った方法で対応すると悪化する可能性があるので、無理のない範囲で行ってみてください。

世田谷区や足立区で水漏れの修理を依頼したい方はこちらをどうぞ!
水漏れ修理業者を世田谷区や足立区でお探しの方はこちら

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right