アパートの水漏れ修理が発生しやすい箇所や修理方法

アパートなど賃貸住宅で水漏れ修理が必要になるようなトラブルが発生した場合、管理会社や大家さんに連絡して判断を仰ぎます。

ですが、「簡単な修理なら自分でもできるのでは?」「すぐに対応が必要なので応急処置を知りたい」といった方もいるのではないでしょうか。そこで、アパートで水漏れが発生しやすい箇所と、修理方法についてご紹介します。住宅での水漏れ修理について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

アパートで起こりやすい水漏れトラブルとその原因 

ここでは、アパートで起こりやすい水漏れトラブルとその原因について解説します。 

配管の劣化 

水漏れが発生する原因としてまず考えられるのが、配管の劣化です。特に建物が古くなっているアパートの場合、経年劣化が原因である可能性が高いといえるでしょう。配管の劣化の場合は、自分の責任ではなく管理者側の責任となると考えられます。
配管には、以下のような種類があります。 

・給水管
・給湯管
・排水管 

給水管とは、水回り設備で使用する水を供給している配管のことを指します。給水管の水圧は高く、配管が劣化して破損すると大量の水が溢れ出てしまう可能性があります。 

給湯管は、簡単に言うとお湯を供給するための配管です。給水管同様に破損すると勢いよくお湯が出てきてしまうため、早期の対応が求められるでしょう。 

排水管とは、生活の中で使用した水を排水するための配管です。排水管は水圧がかかっていないため破損時の被害範囲は狭いと言えるでしょう。ただし、排水管には汚物なども流れているため、衛生的に深刻な被害が発生する可能性があります。 

人為的なもの(不注意等)

水漏れの原因としては、不注意など人為的なものも多くあります。この場合は借主の責任になってしまうため、早期に誠実な対応を取ることが求められるでしょう。 例えば、以下のようなケースが考えられます。 

・水の出しっぱなし
・洗濯機のホース外れ
・水回り設備の取り付けミス
・取り外していたことを失念
・排水口のゴミ放置による溢水 

日々の生活の中で、どうしても「うっかりミス」は発生してしまうものです。しかし、水回りでそれが起きてしまうと大きな問題に発展してしまう可能性があるため、少なくとも上記の事態が起きる確率はなるべく減らすように何らかの対策を取ることが大切でしょう。 

水漏れが起きた際に取るべき行動 

ここでは、水漏れが起きた際に取るべき行動を紹介します。 

原因を特定する 

とにかくまず行うべきことは、水漏れの原因を特定することです。先ほどお話しした原因をリストアップし、一つずつ確認していくようにしましょう。もし確認してみても心当たりがない場合は配管が原因となっている可能性が高く、早期に次の行動に移らなくてはなりません。そのためにもまず、自分の「うっかりミス」が原因になっていないかだけは先にチェックすることがおすすめです。決して楽観視しないように、迅速な行動を心がけましょう。 

もちろん、原因がその場で解消できることあれば、すぐに解消するようにしましょう。ただし機器の故障が原因だった場合は、自分で直せると思っていても実際にはうまく直せないことが多々あります。見かけ上は直っていても実は故障したままだった場合、被害がさらに拡大する可能性も考えられます。 

管理会社へ連絡する

水漏れへの対処をするには、管理会社や大家さんに連絡することが大切です。これは報告をすべきと言う観点だけでなく、トラブルが発生した際に間に入ってもらうためでもあります。住人とのトラブルを避けるためには、管理人などに間に入ってもらうことが一番です。 

水道業者に連絡する

もしトラブル発生が深夜のことであった場合や自分で対処するように言われてしまった場合は、水道業者に速やかに連絡を取りましょう。契約時に渡された資料や、水道の近くに貼付されているシールに連絡先が書かれていることが多いと言えます。水道業者に連絡して相談すれば、基本的にすべきことを教えてもらえることもあるでしょう。 

保険会社へ連絡する

周辺住民への賠償に備えるため、自分が契約している保険会社へ連絡することも重要でしょう。個人賠償保険などが、何らかの保険契約の特約などでついている可能性があります。 

近隣の部屋の住人へ謝罪をする

ある程度ひと段落した後に道義的に大切となってくるのが、周辺住民への謝罪です。今後周辺住民との関係が悪化してしまってはいけませんので、早期に謝罪を行っておくようにしましょう。あなたの誠意が伝われば、多少のトラブルは回避できる可能性があります。 

アパートでの水漏れ修理方法を解説

水道に使われている部品のほとんどは経年劣化するものであるため、傷んでいるパーツを取り替えることによってトラブル解消に繋がることが多いです。アパートで水漏れが発生した場合、どこから水が漏れているのか確認しましょう。

それぞれ以下のように注意します。発生しているトラブルによって必要になる修理道具が異なるので、自分で行う場合は必ず事前にそろえたうえで、修理に挑戦してみてください。

ハンドルの根元部分

内部にある三角パッキンが劣化している可能性があります。まず、ハンドルを外すのですが、水道のタイプによって外し方が異なるので、ご自宅の形状に合わせて外してください。ハンドルを外したら三角パッキンとパッキン受けの両方を交換して元に戻します。

蛇口と壁の間

根元のパッキン、またはネジに巻かれているシールの劣化が原因だと考えられます。壁から水栓金具を外し、ネジに巻いているシールと、水栓のパッキンを交換しましょう。

蛇口パイプの根元部分

パイプのゆるみ、または内部にあるUパッキンとリングの劣化が疑われます。パイプのナットをゆるめて外し、古いUパッキンとリングを新しいものにしましょう。

蛇口パイプの先端部分

蛇口の先から水がポタポタと止まらない場合、ケレップとも呼ばれるコマパッキンが劣化している可能性があります。ナットを使ってハンドルを外し、コマパッキンを交換しましょう。

水漏れ修理業者の選び方

水漏れトラブルが発生した際は、修理業者に依頼した方が良い場合もあります。依頼する際の相場は1万円前後です。しかし、修理業者によっては高額な料金を請求されるといったこともあります。そのようなトラブルを未然に防ぐためにも、修理業者を選ぶ際のポイントについて知りたい方は、こちらの記事を参照ください。

→水漏れ修理を依頼する業者の選び方で重視すべきポイントとは

簡単な水漏れ修理は自分で対応

いかがだったでしょうか。アパートで水漏れが発生した際の、基本的な修理方法についてご紹介しました。
ただ、中にはプロでなければ対応できないものもあるので無理をしすぎず、難しいと判断した場合は、管理会社や大家さんに相談してみてください。

世田谷区や足立区で水漏れの修理を依頼したい方はこちらをどうぞ!
水漏れ修理業者を世田谷区や足立区でお探しの方はこちら

都道府県別の水漏れ業者ランキングはこちら

水漏れトラブルに関するお役立ちコラムはこちら

もっとみるchevron_right

               

総合力No.1の水漏れ修理業者はこちら

急な水漏れトラブルでどこに頼めば?
という方におすすめです!

公式サイトはこちらchevron_right